1. まとめトップ

安価な寿司ネタの立役者「代用魚(だいようぎょ)」

回転寿司や、安い宅配寿司の増えた現代で、このネタがどうしてこの値段で?という不思議の裏方にいる「代用魚」の紹介。

更新日: 2017年09月03日

1 お気に入り 898 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

代用魚(だいようぎょ)とは

代用魚(だいようぎょ)とは、日本で古くから食用とされてきた魚介類の代用として、近年利用されている魚介類を指す。代替魚(だいたいぎょ)とも呼ばれる。従来は国内で流通・消費されてこなかった外国魚・深海魚などが使われている。水産総合研究センターの開発調査センターでは「開発魚」と呼ぶ。

代用魚は高級魚への代用、大衆魚の資源枯渇への対策として使用されており、漁業資源の安定供給やコスト削減を目的として開発されてきた。従来の魚と味が似ていても外見が異なるものが多く、それらは切り身や加工食品(惣菜、缶詰など)として売られることがほとんどである(シシャモなど例外も存在する)。主に外食産業や学校給食での白身フライなど加工食品、回転寿司のネタなどに使われる。

スーパーマーケットなど小売店では馴染みの無い名前の魚は消費者に敬遠されやすいため、販売されている代用魚は少ない。なお、シシャモのように代用魚の方が主流となった例もある。

エンガワ(カラスガレイ・オヒョウ)

人気の寿司ネタ、エンガワ、本来はヒラメが材料ですが、安価なカラスガレイや、オヒョウが使われることも。

マグロ(アカマンボウ)

日本人ならみんな大好きマグロにも、代用魚としてアカマンボウが使われていることが。

サーモン(ニジマス)

見た目、食味が近いからと、トラウトサーモンが多く使われています。トラウトサーモンとは、ニジマスを海で養殖したものになります。

アワビ(ロコ貝)

ロコガイ Concholepas concholepas (Bruguie, 1789) あるいはアワビモドキは、南米太平洋沿岸に生息するアッキガイ科の巻貝の一種。広く食用とされる。
アワビの代用品として多く使われる。

1