昭和46年から15年に渡って演じたTBS系『水戸黄門』の佐々木助三郎役、 昭和58年から演じた日本テレビ系『長七郎江戸日記』の松平長七郎役は代表作。

出典里見浩太朗ホームページ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【徹子の部屋】「マイ・ウェイ」をピアノで弾きこなす里見浩太朗

日本を代表する時代劇スターの里見浩太朗がゲスト。80歳というのにその若々しさに、視聴者驚愕。50代から始めたピアノ演奏シーンも公開し、なかなかの腕前。趣味の水墨画を黒柳徹子にプレゼントするなど、多才なところを見せる。最後は亡くなった渡瀬恒彦や野際陽子との思い出を語り終了。

このまとめを見る