1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

どう思う?Twitterの『FF外から失礼します』論争。。

Twitter上で広く使われているフレーズ『FF外から失礼します』が現在、話題となっているようです。

更新日: 2017年09月04日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
53 お気に入り 154913 view
お気に入り追加

◆Twitter上では様々な"独特"な言い回しが存在しますが、リプライ欄でよく見かけるのが…

◆この『FF』の意味って…

FF外から失礼しますのFFは、フォロー・ふぁぼのFFだとさっきまで思いこんでたことを、FF外から失礼します

これはF(フォロー)F(フォロワー)のことで、「フォローしていないし、フォロワーでもないけどコメント失礼します」という意味。

FF外から失礼しますってFollowFollowerって意味なんやね。 …ファイナルファンタジーかと思ってた…

最近よく見かける「FF外から失礼します」って、フォロー、フォロワーのことだったのか。ゲーム用語かと思ってた。クソリプがはびこる中、こんなのわざわざつける人もいるんだね。

◆この言い回しに"違和感"を感じる意見は以前から存在していた。

この「FF外から失礼します」を使うことが一部ではマナーのようになっており、知らない人にいきなりコメントするのはマナー違反という声も。

「FF外から失礼します」をいちいち付ける人については、「礼儀正しい人」というより「ツイッターにおける独自ルールを重んじるめんどくさい人」という印象しかないです。

「FF外から失礼します」も言わないでリプライ飛ばすとかどんだけ非常識なの?みたいな時代が来るの本当にやめて欲しいし、不必要な礼儀作法はファーストフードの過剰包装と同じように悪だと強く認識して欲しい

「ff外から失礼します」からのクソリプ魔弾を飛ばすやつなんて本気でやる人なんて本当はいなくてみんな大喜利だと思って関連のネタツイをしてるのかと思ってたけど本当に「ff外から失礼します」からの(当人の中では)本気レスポンスのクソリプパターンは実在するということがわかった

◆現在、この『FF外から失礼します』が話題となっています。

とあるユーザーが「FF外から失礼します」を言わないと無礼、失礼になることに反発し、当初はそのような文化がなかったことを指摘。

ツイッター始めてもう8年くらいになるけど、始めたばかりの頃は「FF外から失礼します」なんていう文化なくて、むしろツイッターの性質上外から失礼されるのが当たり前だと思うんだけど、いちいちそれを言わないと無礼、失礼、マナーがなってないってことになるって日本人どんだけ心狭いの

そもそもTwitterはもっと緩く、自由に発言できる場だったのでは…

そういう文言初めて見た時、そもそもネットなんだからフォロー外からリプ送られるの当たり前なんじゃねーのかよ?って思ったけどな https://t.co/xUyTpwR3dj

いつの間にかこんな文化が出来てTwitterつまらなくなった。俺が始めた頃は適当にフォローして適当にコメント返してるのが普通だった https://t.co/YqNNhjTMoq

自分もFF外からでもいいコメントならどんどんしてもいいと思う。 今のTwitterの「巻き込みリプへの過剰反応」とか「FF外から失礼しますの挨拶はマスト」とかそういう謎文化嫌いだ。 twitter.com/MUGIENGREY/sta…

近頃は、数千もフォロワーがいるユーザーさんにも「突然話しかけてきたあなたはどなたですか?」みたいに皮肉を返す人はいて(なんだかなー)と思ってましたが、そういうのに対する(とりあえず一言挨拶)みたいな雑な対応なんですかね? https://t.co/rsWcbMxbut

他人と初めて絡むには『ご挨拶』があってもいいのでは…との声も。

リプを受ける側がそれを言われないと無礼と感じるんじゃなくて、リプを送る側が「知らない人にリプ送って失礼に当たったらどうしよう…」とか考え過ぎて丁寧になった結果なんじゃないかと思った。 FF外から失礼って挨拶?がなかった時に相手を失… twitter.com/i/web/status/9…

相手を失礼だと思う人なんて少数だと思う。

「FF外から失礼します」に関しては、挨拶とか無関係に普通に失礼な人が相手を怒らせる様を見て、「挨拶がないのがいけないんだな」と勘違いした人が始めたんじゃないかと思っています。 ただ、「失礼します」って言ってくる人は、多少態度が変でも悪気ナシとわかるので、一定の効果はあるかも。

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。