天中殺期間は、自分の「虚」の部分をいつも以上に意識して下さい。
各人の年齢などにもよりますが、基本的には自分の「虚」を「実」と勘違いしているような行動は控えましょう。

次に、一般的な天中殺期間中の特徴を説明します。
以下は全ての天中殺に共通するものです。
いずれも、天中殺期間に入ると起こしやすい現象になります。


☆ 心が不安定になり、いつもと違う動きをしてしまう。

☆ 不安感に襲われじっとしていられない。

☆ 注意力・判断力の欠如。

☆ 結婚、引越し、転職、起業、投資、などをしやすい。

☆ 金銭貸借をしやすい。

☆ 異性と問題を起こしやすい。

☆ 秘密が公けになりやすい。


天中殺期間は、能動的な動きは控えて下さい。
全て受け身で過ごすことがポイントです。

この期間は、原因のわからない不安感に包まれることがあります。
いつもの自分じゃなくなっているので、落ち着かないのです。
ソワソワして何かを変えなくてはいけないような気にもなります。
転職したくなったり、結婚したくなったりするのは代表的な現象です。

算命学では「天中殺に起きたことは全て無に帰す」と伝えられています。
天中殺は、新しいスタートを切るには適さない時期なのです。
不用意に事を起こさず、時期を待ちましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【算命学】天中殺を乗り切るポイント

天中殺は、誰にでも12年に一度、2年間廻ってきます。天中殺の過ごし方にはポイントがあります。こちらの記事を参考にして、天中殺の2年間を有効に活用して下さい。

このまとめを見る