天中殺にあらゆることをやって、大波小波を楽しもう!
と、いう方は上記と逆のことをしてだければ良いのですが、なるべく安定していたいという方へのアドバイスは以下です。


☆ 普段から自己の器を認識し、器からはみ出さないよう心得る。

☆ 受動的に過ごし変化しない。

☆ 結果を期待しない。

☆ 周囲の人に理解されようと思わない。


「自己の器」とは、まず第一に自分の天中殺の特徴を知ることです。
そして、天中殺期間は自分自身を少し俯瞰で見る、客観的に高い視点で見ると良いかと思います。

天中殺期間の2年は、過去の10年を振り返り、未来の10年に向けて準備をする時です。
ただやみくもに天中殺を恐れるのではなく、算命学の知識を使って、大切な2年間を有効に活用して下さい。

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【算命学】天中殺を乗り切るポイント

天中殺は、誰にでも12年に一度、2年間廻ってきます。天中殺の過ごし方にはポイントがあります。こちらの記事を参考にして、天中殺の2年間を有効に活用して下さい。

このまとめを見る