1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

聴かなきゃ!…近ごろ話題の音楽性豊かな『2人組女性ユニット』たち

2017年も積極的に新作をリリースする、日本の”女性2人組ユニット”をまとめてみました。

更新日: 2017年10月07日

77 お気に入り 33270 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

サウンドの振り幅日本一のツイン・ボーカル・ユニット

大阪と東京を活動拠点にしているツイン・ボーカル・ガールズ・ユニット・印象派

深海魚的ディープなマニアックサウンドから童謡レベルのポピュラリティーまで振り幅日本一を自称するOL二人組。

打ち込みなしの人力サウンドと二人が描くエロティックながらも社会性の強い詞世界が特色となっている。

もともと別々に活動していたmiuとmicaが共通のディレクターを通じて知り合い「micaちゃんの声で、生楽器で、サイケやトランスの要素があることをやりたい」(miu)と思ったのが始まりとのこと。

01.檸檬 [le:mon]
02.TYPHOON!
03.Kiss!Kiss!Kiss!もいっちょKISS!!
04.秘密
05.印象派は君に問いかける
06.連れてって [Ver.1.5]
07.球状
08.僕らは永遠じゃない
09.Woman“Wの悲劇”より
10.夢であった猫

あたり障りのないことばかりが歌われてるこの時代に、遠回しとカーブが得意な彼女たちが結構ストレートに問いかける「メッセージ」アルバム。

人間関係、社会、政治、人生観など誰もに関わってくる普遍なテーマを、miuの作る極上のメロディーセンスに乗せて彩る楽曲を収録。

彼女たちが2月に発表したシングル曲「Kiss!Kiss!Kiss!もいっちょKISS!!」など計10曲を収める。

印象派 "球状" (Official Music Video)

印象派って女の子2人のユニットの新譜聞いてるけど、メロディが昭和歌謡のような趣があるよね。音像は今のものなので、新しいような懐かしいような感じがする。

アングラ・シーンで異彩を放つ女性アイドル・ユニット

2014年9月より現体制で活動を開始。八月ちゃんと望月かなみからなる二人組ユニット

東京のアイドル・シーン、そしてアンダーグラウンド・シーンで異彩を放つ

多岐にわたるカルチャーに通じ、クラブやハードコアなライヴハウスへの出演など、ジャンルをまたいで精力的な活動を展開。

1.Machine song
2.夜、走る人
3.11
4.underwater
5.真昼のダンス
6.揺れた
7.ghosting
8.empty page
9.sea song
10.plan
11.ニューロマンサー
12.誰かの庭
13.drifter

「0413」には4月13日に東京・Lagunaで行われた彼女たちのアコースティックワンマンライブ「おやすみホログラム presents <Sing>」の音源を収録。

【MV】empty page / おやすみホログラム

石野卓球さんと写真を撮って頂きました!DJめちゃくちゃカッコよかったです! pic.twitter.com/wXiekh3JHI

唄とアコーディオンによる姉妹ユニット

もも(唄/ 平成生まれの妹)と小春(アコーディオン/ 昭和生まれの姉)による姉妹ユニット。

ドラマ"逃げ恥"OPを始めとする、ドラマ・映画・CM曲、アーティストへの楽曲提供多数。

そして海外からのライヴオファーやPINK FLOYDのデイヴ・ギルモアなど国内外の著名人からのラヴコールも多数。

YouTubeの動画が爆発的に拡散し、特に海外で抜群の人気を誇る彼女たちの音楽は「オルタナティブ・シャンソン」と評され、著名人からの熱い声援も多い。

・ほしいもの
・あの子のジンタ
・お茶しよ
・いっくよー!
・ダンス・ダンス
・ストロベリームーン
・なれたらなぁ
・夢を運んだアヒルの子
・猫の手拝借
・嘘にキス
・憧れになりたくて
他、全12曲収録

1 2