1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『この世界の片隅に』原画展も!10月の「マンガ展覧会」が楽しそう

2017年10月に全国で開催される漫画展も多数。秋葉原「35th銀河英雄伝説 ~The Art Exhibition~」、東京ドーム「鋼の錬金術師展」、六本木「週刊少年ジャンプ展」、弥生美術館「はいからさんが通る」展、愛知「この世界の片隅に原画展」、兵庫「萩尾望都SF原画展近藤喜文展」と多彩。

更新日: 2017年11月07日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 44995 view
お気に入り追加

▼『35th銀河英雄伝説 ~The Art Exhibition~』(東京)

今年で刊行35周年を迎える『銀河英雄伝説』に関連する貴重な資料が集まる展覧会が、新潟と東京の2会場で開催されます!

原作の小説を基に、マンガ・アニメ・舞台・ゲームと様々なメディアに展開され、今なお愛され続ける”銀英伝”の初の総合的な展覧会。

現在、プロダクションI.Gによる新作アニメーションの制作が進んでおり、ファンの期待は大きくふくらんでいます。

挿絵画家、メカニックデザイナー加藤直之氏のメカデザイン、スケッチも大量に展示いたします! pic.twitter.com/vqe92bvB7X

銀英伝の展覧会……!!絶対いく☺️☺️☺️☺️☺️

えー、銀英伝の東京会場って会期が10月21日(土)~11月5日(日)だけなの? しかも平日は夕方だけ? 混みそうだな~

▼『鋼の錬金術師展』(東京)

“ハガレン”史上初の大規模原画展映画公開記念「鋼の錬金術師展」が2017年9月16日(土)から10月29日(日)まで、東京ドームシティ・ギャラリー アーモで開催される。

2017年11月3日(金・祝)から30日(木)まで大阪・大阪南港ATCミュージアム

会場では、テレビシリーズの人気声優によるエルリック兄弟の話し声が聞こえ、展示作品は全て荒川弘先生ご本人の手によって描き出された生原稿です。アニメ映像や造形物によって作品の世界観に没入できる演出もあり、「見て、体感できる原画展」です。

原画展示数は100点以上

テレビアニメシリーズ『鋼の錬金術師』の絵コンテや原画を一挙展示します。『ハガレン』を語るのにアニメの歴史も外せません。

お母さんが、鋼の錬金術師の原画展のチケットを買ってくれた!! 音声ガイド付きだから、めっちゃ楽しみだ!!(((o(*゚▽゚*)o))) pic.twitter.com/HL3uVnoOV4

▼『週刊少年ジャンプ展』(東京)

集英社は、1968年に創刊された「週刊少年ジャンプ」が来年で50周年を迎えることを記念して、現在までの歴史を振り返る展覧会「週刊少年ジャンプ展」を3回に分けて開催。

貴重な原画の展示や会場限定の映像シアターなどを通して、ジャンプの黎明期を支えた数々の作品を紹介する豪華内容となっている。

第3弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VolL3 2000年代~、進化する最強雑誌の現在」では『ONE PIECE』や『暗殺教室』などの貴重な資料が展示される。

やっと来た 『週刊少年ジャンプ展VOL.1』 六本木ヒルズにて。 俺たちの教科書だった、週刊少年ジャンプ! 販売グッズがオッサン殺しでヤバい!破産する! pic.twitter.com/xZoV9xtJpa

少年ジャンプ展 子供の頃から何百回と眺めてきたコマの原画が沢山展示されており、マンガのフェスのようで素晴らしい空間でした。次は90年代編、行くしかねえ pic.twitter.com/q7F5BJq5Dj

▼『「はいからさんが通る」展』(東京)

大和和紀の原画展「『はいからさんが通る』展 ~大正▽乙女らいふ×大和和紀ワールド!~」が、東京の弥生美術館で9月29日より開催される。

1 2





記憶の中で生きてゆける