1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今度は「大西洋史上最強」…カテゴリー5のハリケーン「イルマ」が米国襲来

接近中のハリケーン「イルマ(Irma)」は5日、5段階中最強の「カテゴリー5」へと勢力を強めた。週末に上陸が予想されるフロリダ州では、人命を脅かす危険があるとして、早くも「非常事態宣言」が出され、万全な対策をとるよう呼び掛けています。

更新日: 2017年09月06日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 131795 view
お気に入り追加

○8月末、猛威を振るったハリケーン「ハービー」

ハービーは25日にテキサス州南東部に上陸、その後停滞し、1,300ミリを超える記録的な雨をもたらました。

死者は50人を超え、物的被害は2005年8月のハリケーン「カトリーナ」(1600億ドル)を上回る規模になるとの予測が出ている。

○立て続けにハリケーン「イルマ(Irma)」が接近

接近中のハリケーン「イルマ(Irma)」は5日、5段階中最強の「カテゴリー5」へと勢力を強めた。

イルマは現在、時速215キロメートルの暴風を伴い、その後は米東海岸とフロリダ州へ向かうと予想されている。

週末に上陸が予想されるフロリダ州では、人命を脅かす危険があるとして、早くも「非常事態宣言」が出され、万全な対策をとるよう呼び掛けています。

○ハリケーンのスケールでは最も強い「カテゴリー5」

現地時間5日(火)夜時点の中心気圧は916hPa、最大風速83メートルと、ハリケーンのスケールでは最も強い「カテゴリー5(最大風速70メートル超)」にあたります。

イルマの風速は毎秒約80メートルとハリケーンの勢力の5段階の中で、最大のカテゴリー5に分類され、8月下旬にテキサス州に上陸したハリケーン「ハービー」より勢力が強い。

大西洋上での風速は、約84メートルを記録した1980年のハリケーン「アレン」に次いで、観測史上2番目の強さとなっている。

○米国立ハリケーンセンターが厳重な警戒を呼びかけている

現地時間の5日にはプエルトリコなどカリブ海の島々に接近して壊滅的な被害をもたらす恐れがあるとして、米国立ハリケーンセンターが厳重な警戒を呼びかけている。

プエルトリコ政府も非常事態を宣言し、警備隊が出動できる態勢を取っている。

マイアミデード郡は6日から介護が必要な人などの避難を開始すると発表。

○スーパーマーケットなどに長蛇の列

非常事態を宣言したフロリダ州では5日、イルマの接近に備えてスーパーマーケットなどに長蛇の列ができた。

米領バージン諸島セントトーマスの食料品店は4日、水や缶詰食品、電池などを買い求める人が押し寄せ、客足は普段より5割程度多かったという。

7日と8日は学校を休校とし、官公庁も閉庁する。マイアミでは水や保存食品などが軒並み品切れ状態となった。

○このニュースはネットでも話題になっています

核兵器は確かに大問題だが、アメリカ的には国内ハリケーン問題のほうがはるかに問題だと

マイアミの総領事館から毎日ハリケーンのメール来てるからやばそう

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。