1. まとめトップ

【カップル必見】彼氏がたたない。ED(勃起不全)や中折れ対処法!

男女のコミュニケーションに体の関係はとても重要です。しかし、そんなコミュニケーションも「たたない」時の対処次第ではバッドコミュニケーションになってしまいます。ED(勃起不全)から中折れまで男女が誰しも直面する問題を解決します!

更新日: 2017年09月06日

0 お気に入り 21009 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

iyaonakamuraさん

「ED(勃起不全)」や「中折れ」という問題はパートナーと二人で解決するべき重大な問題です。誰しもがいつでも起こりうる状況にありますが、起こってしまった時に対処を間違えると長く引きずる問題になりかねません。離婚した夫婦の20~30%が実はEDなどが要因とも言われています。「たたなくなってしまった」「彼氏がたたない」色々な悩みを抱えている男女の解決の糸口にして欲しいです。

EDの原因

EDというのは脳からの性的刺激の指令がうまくいかない状態になっている。

確かに歳を重ねるとEDになる割合は高くなります。しかし、最近は歳のせいだけではないことがわかっています。知らず知らずのうちにストレスをためていたり、不規則な食事を続けていたり、車での通勤による運動不足、連日のお酒の飲みすぎ、喫煙など毎日の生活パターンが原因となって起こることが多いのです。糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の方は、EDになるリスクはさらに高くなります。

年齢に関係なくEDは誰にでも起こる可能性があります。

日本における年齢別EDの割合

幅広い年齢でEDになる可能性がある。

中折れとは

中折れとはEDの手前の状態ともいえる、心理的や肉体的な問題で勃起はするがインサート後に勃起状態を維持出来なくなる症状の事をいいます。全くEDになってない人も疲れやお酒の飲みすぎでなってしまう事も。中折れした時の対処を間違えるとセックスレスやEDになってしまう場合もあります。中折れした時の対処が重要。

中折れの心理的な要因

「中折れ」とは、勃起をしても性行為の途中でペニスが萎えてしまうことを言います。マスターベーションでは最後までできるのに、相手がいる性行為では途中で中折れするという場合は、「心因性勃起不全」の可能性が高いです。

心因性勃起不全とは、体にはどこにも不調がないのに、心理的な要因で起こる勃起不全のことを指します。不安や緊張、プレッシャー、焦り、パートナーとの気持ちのズレなどが影響して行為の途中で性的興奮から醒めてしまい、ペニスが萎えてしまうのです。

また、一度中折れを経験すると「今回もうまくいかなかったらどうしよう」という再発の不安がつきまとい、さらに中折れしやすくなるという悪循環に陥ることもあります。

中折れの原因【間違ったマスターベーション】

「マスターベーションでなら最後までいける」という人の中には、マスターベーションの方法自体に問題がある場合もあります。ペニスの握り方が強過ぎたり、手を速く動かし過ぎたり、床や布団に擦りつけたりするような刺激が強いものは、中折れの原因になるマスターベーションと言えます。

過激なマスターベーションが習慣化していると、強い刺激がないと快感を得られなくなり、女性の柔らかい膣内では物足りなくなって、勃起を維持できなくなるのです。

中折れの肉体的な要因

性行為でもマスターベーションでも中折れしたり、朝立ちする回数も減ってきたりしている場合は、「器質性勃起不全」の可能性が高いと言えるでしょう。器質性勃起不全とは、身体機能の異常や障害によって誘発される勃起不全のことです。

勃起は、拡張した陰茎海綿体の動脈に大量の血液が流れ込み、海綿体に血液が充満することで起こります。このため、血管や血流に異常があると、うまくいかなくなるのです。糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病は動脈硬化を招くため、器質性勃起不全の要因になりやすい病気です。

また、男性ホルモンの分泌量の低下も、器質性勃起不全の要因になります。なぜなら、男性ホルモンの「テストステロン」には、「一酸化窒素」を供給する働きがあるからです。一酸化窒素とは、血流を良くしたり、血管の健康を維持したりする物質。

勃起のときに海綿体の血管の拡張や血液の導入を促進しているのも、この一酸化窒素なのです。このため、テストステロン値が低下して一酸化窒素が減ると、勃起に影響が出てしまいます。

中折れしてしまった

どのような要因であれ、中折れしてしまったら男女ともに色々考えますしショックですよね。女性は「浮気してる?」「自分の魅力がなくなった」「私のは気持ち良くない?」など考えてしまって、男性は「どうしてたたない」「相手を傷つけてしまった」「下手と思われる」などマイナスの事ばかり考えがちです。お互いにいい事はありませんし、今後の関係に亀裂が入るかもしれませんので、中折れした時の対処が重要になります。

精力が上がるものを食べてもらう

世の中には、男性の精力を上げる効果のある食べ物があります。その代表的なのが、うなぎやニンニク、牡蠣、山芋、アボカドなどです。うなぎはちょっと高いですが、ここぞというときに買ってみても良いかもしれませんね。アボカドはサラダなどに追加するだけでもOKです♪もちろん、自分で作らずにお店で食べるのも良いですよ!さりげな~く、彼氏に食べさせてみてください。

ローションを使う

ローションを使うと普段とは違う肌触りで興奮することがあります。しかし「気持ちの問題」である以上、なかなかローションでは「たたない」を解消できないかもしれません。

香りで刺激する

香りというのは結構重要です。セクシーな香水や服の柔軟剤など良い匂いをさせるだけで興奮してくれることが多いです。実は風俗などでも待合室や店舗の前で「セクシーな匂い」を出して男を惹きつけているくらいです。

エッチする前日は1人エッチをさせない

彼氏がたたない原因のひとつとして、1人エッチのしすぎというのも考えられます。男性が1人エッチをしずぎると、いざ彼女と本番!というときに、思うようにたたなくなることがあります。あなたの彼氏は、どうでしょうか??もし1人エッチを頻繁にしているようであれば、せめてあなたとエッチする前日は我慢してもらいましょう。女性の場合は減るもんじゃないですから、どんどんしちゃって大丈夫ですよ!

ED(勃起不全)治療薬を利用する

やはり一番効果があるのがED治療薬となります。薬の作用で勃起しやすい状態を維持出来る体にするのですから、確かに間違いありません。さらには、精神面でもED治療薬を利用しているという安心感から「中折れ」に対する絶対的な自信を持つことが出来ます。リラックスしている状況となるのですから、副交感神経が優位に立ち余計に中折れしにくい状況を作り出す事が出来ます。「バイアグラ(ばいあぐら)」「レビトラ(れびとら)」「シアリス(しありす)」という勃起不全の治療薬を活用する事によって中折れの治療になります。

二人の問題だからお互いで打ち明けられるような仲になっておく事が大事。中折れしてしまったら、いいきっかけだと思って男性は女性に中折れしてしまった事を打ち明けてみよう。女性は打ち明けられたら気にしないでと言って受け止めてあげよう。個人的には薬に最初から頼るのもアリだと思います。それでストレスフリーになってEDや中折れにならないならそれがベストかと。EDも中折れも対処法は大体同じなので是非試してみてください。

1