1. まとめトップ

これだけは知っておきたい!スティーブジョブズの名言集

人生に迷ったときに心に響く、そして指標となるスティーブジョブズの名言集をピックアップ。辛いとき、悲しいとき、人生に迷ったときにそっと背中を後押ししてくれる言葉です。

更新日: 2017年09月06日

0 お気に入り 1969 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スティーブジョブズ、スタンフォード大学での伝説のスピーチ!もはや名言しかない

あまりに有名すぎるAppleの創始者であるスティーブ•ジョブズの卒業スピーチ動画。
進学する人、こらから就職する人、新しい事にチャレンジしようと考えている人は一度は見る事をオススメします。

「Connecting dots」点と点をつなげよう

スティーブジョブズはスタンフォード大学の卒業スピーチで、卒業生に向けて伝えた言葉の一節です。未来は誰しも予想することはできません。予め道をつなげる様にキャリアを積んで言ったり、レールを敷くことはできません。しかし、1つ1つ情熱を持って取り組む事で、いつかあとで振り返ったときにそれば1つの線となり、道となっている、そう信じて取り組みなさいとメッセージを投げかけてくれます。

「Stay Hungry,Stay Foolish」

こちらも、スティーブジョブズが大学の卒業スピーチで紹介した言葉の1つです。
彼が幼いときに持っていた、百科事典の最後の巻で、編集者が読者に向けて投げかけたメッセージをこのスピーチで引用をしています。

彼は、この言葉を気に入っており、名門大学の学生で頭でっかちになりがちな学生達に、物事を様々な角度から見る事の重要性、情熱を前にして、ひたむきに進む事の大切さを説いています。

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?

こちらも、有名なスティーブジョブズの名言として、何度も様々なメディアに取り上げられている言葉です。「死」という終着点を前にして、「今」行っていることは、本当に自分の人生において、優先順位が高い事なのか?もし、自分が本当に情熱を傾けられることに集中しないでその最後の日を迎えたときに、今行っていることは本当に重要な事なのか?それを常に問いかけるようにと彼は伝えています。もし、その問いかけに対して「NO」という回答が続くようであれば、それは、方向転換をするべきだと彼は説いています。

いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ。

どれだけ良い言葉や製品でも、人に伝わらなくては意味がない。
AppleでMacintoshやiPod、iPhoneなど様々なヒット商品を産み出してきた彼ですが、その裏で埋もれてしまった数々の製品達がきっと数多くあったのでしょう。
この言葉からは、そんな彼の過去の経験が色濃く出ているように思えます。

また、伝えるの努力というのが必要不可欠であることも、彼の遍歴を紐解いていくといろいろな物が見えてきます。

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。

日本には「人事を尽くして天命を待つ」ということわざがありますが、スティーブジョブズもまさしくその事をこの言葉で表現しているのでしょう。また、逆に考えてみると、ベストを尽くす前に決して諦めるな!と言う事も合わせて伝えようとしている気がしてなりません。

人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ。

自分の事は自分が良く分かっている。果たしてそれは本当でしょうか?人が無意識下に求めている事は本当に理解しているのでしょうか。彼の言葉を借りるとそれは「NO」です!
結局のところ、本当に人が求めていることは実際にその潜在意識下で認識している事を、実現、表現しない限り人は自分が求めていた事はこれだったのか!と分からない物です。

スティーブジョブズはその事を理解していたのでしょう。

彼が常に世界に衝撃を与えるような製品を発表する際には、誰もその製品を求めているような状況ではありませんでした。

しかし、iPhoneを始めとするスマートフォン無しでは今の世の中は動かない、、、そんな世の中になってしまいました。

情熱さえあれば上手くいったも同然だ。

これほど「情熱」という言葉を過大評価し、またスティーブジョブズほど「情熱」を信じた人もないでしょう。また、彼の考えている情熱ももしかしたら人とは少し異なっているのかもしれません。この言葉からは、情熱を持って夢中になり物事に取り組む事の大切さを説いているように思えます。

1