1. まとめトップ

ソニーTV再起動を繰り返す時の、リセット方法

SONY製液晶テレビKDL-32W-700Bがある日突然、再起動を繰り返すようになった。ソニーのカスタマーセンターに電話で修理の問い合わせと、操作方法問い合わせなどをおこなったので、まとめてみました。

更新日: 2019年01月04日

0 お気に入り 17722 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■ある日突然画面が真っ暗になった

テレビを見ていると、突然画面が真っ暗になり音声も出ない、1秒くらい経つと、画面下の中央にあるSONYロゴの下が白く光り、モニターにSONYロゴが表示され、さっきのテレビが映り出す。

5分に1度くらい起きることもあるし、1度起きると10回くらい連続して再起動繰り返すことがある。

■ほかのチャンネルへ

他のチャンネルを切り替えると、急にその症状は出なくなった。

J:COMのケーブルテレビのチューナーで見ているのですが、どうもSONYというロゴが真っ暗になった後に表示されるので、チューナーの問題ではなさそう・・・

■翌日に症状が酷くなった

翌日は、別のチャンネルを見ていても、一瞬真っ暗になっては戻るという再起動を繰り返しているっぽい症状は頻繁に出るように悪化していった。

■ソニーの修理相談窓口に電話

取り扱い説明書の最後のページに修理問い合わせ先の電話番号が記載されてあります。

自宅の一般加入電話から、0120-222-330へ電話。
フリーダイヤルでつながると、*200#と押し、後は待つ。

「再起動を繰り返すので、リセット方法を教えて欲しい」と相談すると、「それは、操作方法の問い合わせになる」と言われる。

■ソニーの操作方法の窓口に電話

取り扱い説明書の最後のページに記載。

自宅の一般加入電話から、0120-333-020へ電話。
フリーダイヤルでつながると、*200#と押し、後は待つ。

「SONY製液晶テレビKDL-32W-700Bが一瞬画面が真っ暗になり、1秒後にソニーロゴなどが表示後にテレビ再生に戻るので、リセット方法を教えてほしい」と相談。

「テレビの電源をオフにして、コンセントを抜く。2分で放電するので、コンセントを挿して、電源を入れる」という説明。

■SONY TV 修理の流れ

まず家電量販店などで延長保証とかに加入してある人は販売店に相談する。

それ以外で、メーカー保証1年が切れている人は、電話で出張修理を依頼する。
1回の出張料金は、¥3,800+消費税。

それでテレビを点検してもらい、その場で直れば\3,800で終わる。
直らない場合は、別途見積もり金額が出るので、「新しく買いなおすので修理はしません」などのように断ることも可能。

■原因は何だったの?

液晶TVの裏に、ACアダプターの挿し込むコネクターがあり、ここを触るとメチャ熱かった。おかしいなあ~とプラグを左右に揺さぶると画面が真っ暗になった。

今回再起動を繰り返す原因は、ACアダプターのプラグを挿し込んでいる箇所が、少し緩んで外れかかっていたことが原因で、電源が切れ再起動という接触が悪くなっていたみたいでした。

多分、回転できるTV台(アイリスオーヤマ製)に載せているので、家族が掃除した時に少し緩んだみたいです。

1度外し、2分放電させて再度接続したところ、再起動繰り返すことがなくなりました。

■ソニー使い方相談窓口の対応はどうなの?

テレビのリセット方法を訊いた時に、「コンセントを抜かれてください。このまま2分時間が経過するまで電話はそのままにしておいてくださいね。2分後にまた私の方でご説明を続けます」と保留音となり、丁寧な応対に感じました。

■まだ入れる有償補償サービス

とりあえず今回は問題が解決できたのですが、調べてみると購入時に5年延長保証サービスに入っていない人でも、対象になる有償補償サービスがありました。

j:comのおまかせ機器補償というサービスに加入すると、テレビ&パソコンコースでテレビの補償サービスに加入できちゃいます。

加入月の翌々月から適用となる点に注意は必要ですが、タブレットも対象だったり、魅力はあります。

1