1. まとめトップ

【閲覧注意】ネット上に広まる不気味・怖い動画の真相

ネット上でよく見かけるものの元ネタがわからない動画について調べました。

更新日: 2020年03月09日

2 お気に入り 191818 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Elkvonragaさん

はじめに

海外サイト含め調べましたが、誤情報がある可能性は否めません。また、明確な真相がわからない状態のものも含まれます。

Persephone Numbers Station

『一人だけ見えてる映像が違う』として2ちゃんねるでも話題となった

初出は不明であるが、YouTubeの同名動画(ニコニコ動画にアップロードされているものと同一内容)は2007年10月31日にアップロードされた。2010年6月上旬頃に日本でも話題になり、ニコニコ動画にはこの時期に転載されている。両目を始めとした顔の一部を黒い正方形で塗りつぶされたモノクロの女性の映像である。また音声としては、激しいチューニング音の後に、英語で数字を一つ一つ読み上げるものである。

発言されている数字は以下の通り。

101 118 105 100 101 110 116 32 97 103 101 110 100 97

これはASCIIコードで「evident agenda(明らかなる予定表)」と変換できるが、この言葉が何を意味するのかは全くの不明である。

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/19(水) 02:02:29.557 ID:AqKMeLoa0.net
実はアメリカのドラマ「LOST」の関連企画である「The Lost Experience」において、
Persephoneと呼ばれる女性から発されたメッセージ、という設定の動画である(現在は公開終了)。
このThe Lost Experienceは架空の組織の広告や広告サイトからカギを見つけ出し、作品の謎に迫るという一種のゲームであった。
当時公開されていたブログにて、「evident agenda」というキーワードを入力することで特別コーナーに入ることができた…というものである。

I Feel Fantastic

2010年前後程に投稿された動画。内容は無表情の女性アンドロイドが機械的な声で"I feel fantastic"と繰り返し歌っているというもの。

投稿されたサイトRedditによると、最初は"I didn't make it"というタイトルだったようだ。投稿者にコンタクトしたところ、彼は奇妙でレアなある動画専門会社から手に入れたもので、これは彼らの17番目のコレクションだというだけだった。その会社もオリジナルの出所はまったくわからず、フェイクの窓を使ったセットで撮影されたものらしいということしか気を留めなかったという。

※Reddit…日本でいうところの2ちゃんねるのようなもので、アメリカ最大級のソーシャルニュースサイト、掲示板。

一説には「殺人現場を暗示しているのでは?」という噂があり、外の景色が映る場面で「そこに遺体が埋まっているのでは?」などと言われている。

このアンドロイドは”Tara"という名前で、製作者はBergeronという人物だとされる。

2006年以来のBergeronのプロジェクトは更新されておらず、タラについての更なる情報は入手できません(上記のcreepypastasは別として)。この10年間の不在は、「タラが何らかの形で自己意識を築き、創造者を殺した」と、新しいウェブの伝説を打ち立てている。

また、Tara自体、製作者のBergeronが過去に殺害した”Tara”という女性を模して造られたアンドロイドとまで言われている。

agamemnon counterpart

2004年頃にネット上で広まり、出所は不明である。また、アガメムノーンとはギリシア神話の英雄のことで、直訳すると「アガメノムーンの対応」となる。

訳すと「2571年に青い惑星のある廃墟の瓦礫の山で、このビデオテープを発見しました。」となる。

2人の男性が日本の高校生を殺害する前にを強姦し、その悪名高い日本の強姦殺人事件の被害者の悲鳴を録音したものが「KHor-B'ha Japanese Rape」と呼ばれるものと思われる。2人の男性は捕まっておらず、ビデオテープは生徒の遺体が見つかった場所と同じ場所で見つかった。

様々な噂があり、動画内の叫び声が日本人のものに聞こえることから、日本で実際に起こった殺人事件なのでは?とする説が有力であるが…

実際にはMoviet Collectiveとして知られる地下の映画界である実験家のMichael Robinsonによる映画プロジェクトです。MoviateのアーティストRobinsonは、Jason Kovacと協力して、視聴者に深刻な影響を及ぼすような初期のビデオ技術を使用し、「米国でのアナログ/デジタルテレビの移行を祝福して非難する」とかそのようなことをしています。

この動画はペンシルバニア州ハリスバーグのアーツフェスト映画祭で上映されたとか…

悲鳴のサンプリング元 18:27ごろから

Webdriver Torso

2017年5月4日現在、624,735の動画で、同じレートで動画を投稿することを停止しました。(Wikipediaより)

謎のブロックが高域のビープ音とともに画面をランダムに動くだけのまったく意味不明の動画が、9ヶ月の間に77000回以上もYouTubeにアップされた。

宇宙人との交信、スパイが仲間に送った信号、何かの広告のキャンペーンの手法などさまざまな憶測が飛び交ったが…

途中で"Matei is highly inteligent"というメッセージと共にエッフェル塔が10秒現われるバージョンもあるが、その目的は一切不明。

出典i.gzn.jp

BBCのサイトでも正体探しが繰り広げられました。

ニューヨーク在住のソフトウェアテスターであるイサウル・バーガスさんは、このムービーとよく似たものに見覚えがありました。それを目にしたのはソフトの自動化に関するカンファレンスの場で、ネット経由でテレビ番組を配信するための機器である「セットトップボックス」用にヨーロッパのソフトウェア開発企業がプレゼンテーションしていた内容にソックリなものだったそうです。

ネット経由で番組を配信する際、通常は映像と音声をエンコードし、データを細かい断片に切り分けた状態で配信します。そのため、受信側では細切れのデータを寄せ集めて一つのデータにする処理が必要になるのですが、このムービーはまさにその検証の際に使用するためにピッタリな内容になっていたそうで、バーガスさんは「YouTubeチャンネルにアップされている量の多さとYouTube上にアップされているという事実を考えると、これはおそらくどこかの大手企業が自社の映像のエンコードソフトの動作とYouTube側での映像圧縮の仕様を検証するためのものだと思います」と語りました。

1 2 3 4 5