1. まとめトップ

Twitterで見かけた『泣ける話』に…涙腺が崩壊する。。

思わず感極まってしまうエピソードを紹介します。。

更新日: 2017年09月09日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
252 お気に入り 486864 view
お気に入り追加

◆『うどん屋の店員さん』

一年間勤めた職場を退社。最後の昼飯は、毎日通ったうどん屋できつねうどんを注文。今日で退社することを馴染みの店員に伝えると「もっと早く伝えてよ!」と怒りながらも、いつもなら一枚の油揚げをサービスで三枚入れてくれた。二枚じゃなく三枚入れてくれたことに店員さんの粋な気持ちを感じて泣けた

◆『東北新幹線にて』

東北新幹線でずっと隣に乗っていた小学生の男の子(ひとり)の話。 窓越しにお父さんに見送られ、仙台の先の駅で「よく1人で来れたなぁ」(はったり読唇術)と、おばあちゃんにチカラいっぱい抱きしめられた瞬間、まったく関係のない34歳作詞家は勝手に泣きそうになりました(・ω・)

◆『父は…泣いた』

3ボールになったピッチャーに対して、小学4年の娘が一言。 娘「フォアボールよりは打たれたほうがいいよね」 父「何でそう思う?」 娘「みんなが守っているから、捕ってくれる可能性あるじゃん」 そんな話は一度もしたことがない。お父さん、泣いた。

妻から「帰りにスーパー寄ってきて」とラインあり。着いたので電話すると、「魚コーナーに行って」と。「何買う?」「鮭とかのあたりに行って」「うん、鮭?」「上見て」「上?」 【おとうさんありがとう】一歳の息子が描いてくれた似顔絵が陳列棚の上に飾ってありました。東急ストアで涙腺崩壊。

◆『母は…泣いた』

長女3歳が「赤ちゃんの頃ね、夜たくさんエーンエーンって泣いてた?」と聞いてきたので「うん、そうだねぇ」と答えたら「あのね、おかあさーんって呼んでたんだよ。エーンって泣いてたけどたくさん呼んでたんだよ。」って言ってた。今度はお母さんがエーンって泣きそうだよ、あの時の答えがわかって。

@maaaaago 今2ヶ月の子がうちにおります。 おっぱいでもおしめでもなく、抱っこしても暴れて大声で泣いている事に困ってしまって時々ベッドに戻してぼーっと様子をただ見ていました。 娘さんの言葉を見て放ったらかしてしまってた事に… twitter.com/i/web/status/9…

ショックを受けました。
娘さん!教えてくれてありがとうございます。

娘は今日、ブランコを譲ってもらえず、あっち行け、をされた。 その帰り道、踏切が開くのを待って通過したら「踏切さん、優しいね!」と言った。 危ない時は閉めて教えてくれて、安全になったら開けてどうぞしてくれるから、優しいのだと。 母は泣きました。 どうかその感性で優しく育って欲しい。

◆『友人』の話

友人がお母さんに「お母さんが年取ってボケちゃって、あんたのこと忘れたらどうする?」と聞かれて、「そしたら友達になろうよ、きっと仲良くなれるよ」と答えたらしい。母は泣いたらしい。心からコイツを尊敬した。

◆『孫』の話

今日認知症のおばあちゃんに面会に来てたお孫さん。 おばあちゃんが 「あんた誰よ。あんたなんか知らない」 っていうのに対してすごく無邪気な笑顔で 「ぼくはおばあちゃんのことが大好きな人だよ」 って言ってるのを見て泣きそうになった。 小さいのにできた子だなぁ。

◆『母』の話

月9見ててそういえば私が小学生の時にあげた肩叩き券ずっととってあって、私は今でもたまに使わないの?使ってよ〜って言うんだけどそのうちねって言って絶対使わないんだよなうちの母…ちょっと泣きそうになってきた……

◆『父』の話

春くらいから入退院を繰り返してる父のお見舞いに行った。私の顔をじっとみつめて、「かわいいねぇ、笑った顔が」って呟いてた いくつになっても子供は子供なのね。 なぜかとっても泣きそうになった。 笑顔の大切さをちょっと噛み締めた。

1 2 3





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。