1. まとめトップ

ビッグマムの夫、43人とは誰のことか?(シャーロット家の夫)【ワンピース考察】

ビッグ・マムの夫の人数は43人。25番目の夫はパウンド。考察が進んで一覧・家系図を追加していった。

更新日: 2018年12月06日

0 お気に入り 40827 view
お気に入り追加

トム★

造船会社トムズワーカーズの代表
娘がオトヒメの可能性、信条の強さが共通点
オトヒメにはトメという文字があり、トムに近い
 いや、Otohimeという文字はTomのすべてを含む
トムのタトゥーは太陽で、オトヒメの髪飾りが太陽
29女プラリネのように半人魚でも人魚の姿だが、王妃となれば4分の3人魚の方が的確
(マムが半人魚なので、純血魚人トムの娘なら4分の3)

ココロはリンリンの姉妹。コロコロ=転転、リンリン=輪輪
 リンリン = りんごりんご = ハート型の果物 = ココロ

レイリーとココロとの間に子供がいて、レイリーはジンベエの父親という伏線
麦わらの一味は、実は全員が血縁者だと考察できる。
 ジンベエが仲間になるには、ルフィの親戚である必要がある。
 ジンベエとルフィは輸血をバッチリできる間柄。
 ジンベエとプラリネは母違いの兄弟姉妹となる。ジンベエとは政略結婚できず、アラディンに嫁がせた。

トヌはトムと名前が似ている。頭はヒトデ型?
トムが痩せたような体型。容姿がトムと全く似ていないのだが、似ていたら即バレだ。夫は43人埋まっているし、もうオトヒメと同時出産だとしか決まらない。

筆記体でNUSSTORTEと書くと、NUの部分がMに見える。逆読みでTOMが含まれる。

軍帽を被ったハタチ前後の女キャラもビッグ・マム編に出るのだが、ヌストルテの娘だと考察。

13男バスカルテも同時出産の3つ子。13男は42歳確定。カニの魚人ハーフとなる(手長族)。

ゲッコー・モリア★

ユースタス・キャプテン・キッドは、モリアの息子だと考えられる。
キッドの髪の跳ね具合、目の形、口裂け、唇の色は、モリアとそっくり。
キッドと名の付く料理や料理店は無数にある。
お子様ランチがキッドの名前の語源。

モリアとマムの関係は決裂し、キッドはいじめられるように。キラーもマムの息子なのに、いじめられて逃げたので、キッドと手を組んだ。

ゼフ★

出典ameblo.jp

ゼフの息子だと考察。ワの左上の短い縦棒を消すとフ、末尾のゼを加えてゼフ。同じく料理人。

語源は膳椀(ぜんわん)で、食器のことだと考察。料理関係=マム息子の名前法則。

ワンゼのセリフに、唐突に「父親にも言われたことがない」とあり、父親は作中に登場済みという意味だったのだ。

料理人という属性や名前くらいしか似ていないように思えるワンゼ。
しかし、技を見ればゼフの息子を表現していると理解できる。

ゼフは鼻毛みたいなひげを生やすが、ワンゼは鼻からラーメンを出すことで、ゼフのひげのようになる。ちなみに、ゼフの父親はシュトロイゼン。

ゼフは実は当まとめ管理人が39人目に発見した夫。それまでは、フーシャ村の村長が夫だと思っていたが、村長の息子バギーを外してワンゼこそがビッグ・マムの息子だと結論。

タマゴ男爵★

足長族の3娘スムージー、シトロン、シナモンがリンリンとの子。
15女シトロンはエッグ大臣。

妻はマムとは別人だが、セニョール・ピンクと、バーソロミュー・くまの父親。ピンクの父なら若い頃はイケメン。
孫息子がローで、くまの息子がロー。ローの祖父がタマゴ。泥水ような柄が、くまやローと共通。
たま、くま、なま(ロー)と語呂が続く。

ソルベ王国はエルミーが前王太后。その夫がタマゴ男爵だと判断。
エルミーは先代ジェルマ女王だと考察。
タマゴは元ソルベ王の父で、更にはジェルマの先代王配。

バーロソミュー・くま★……元ソルベ国王

元々は勤労少年で王族には見えない。しかしながら、ジェルマ出身だと考察(ジェルマなのでアッサリ捨てられる)。
当時は国王なので、政略結婚の価値が大きい。というか、ビッグ・マムの属国として建国できた可能性も。
リンリンとの間にローを生む。ローは生という意味で、料理関連(リンリンの息子法則)。なまとくまは一字違い。泥水のような帽子が一致。くま(47)、ロー(26)で年の差もOK。

金獅子のシキ★

ティティという娘と、ティーチという息子が生まれた。その後にノアゼット。双子+ノアゼットとなる(もしくはティーチの年齢は、サッチと混ざった換算)。
ティティもティーチも、乳(ミルク)だと考えるとマムの子供。
ティティはアラバスタの現王コブラの王妃となった。
映画固有キャラではなく、本編にも登場。

黒ひげティーチは、シキとマムの息子
ティチ=乳=ミルクで、マムの息子としての名前法則に合致。

よりによって、ビビの母ティティとティーチは近い名前。

指揮、指導(ティーチ)
SIKI TITI VIVIで確定的

始末屋ボビン★

風船のような身体をしている。
風船で浮かんでいるドルチェ、ドランジェ(アナナを殺してやると言った少年)が息子達となり、マムの夫。部下として役立つので、夫としては用済みでも、遠ざける理由はない。

マゼラン★

ペル★

シャンディアの酋長★

最右が族長・酋長。ノーランドの遺産であるカボチャ栽培に精を為している。画像で座っているのはカボチャ。熟する前は緑。ミカンも緑から熟することでダイダイ色に染まる。

シャンディアの酋長は、紫とみかん色のマントをしている。

息子は28男カトウ(ミカンのような頭に、肌はみかん色、シャンディアのスカート、紫のマント)。

酋長は当まとめ管理人が41人目に発見した夫。それまではアプーが夫だと思っていた。

ネコマムシ★

キャロットの父親。ミンク族は隔世遺伝だと考察。先祖にうさぎがいれば、ネコの子がうさぎになる。ミンク族には動物の混血がいないことが証拠。

作者からミンク族は隔世遺伝だと明言された。ネコからウサギが生まれてもいい。

ネコ → キャット → キャロット
更には、ニンジンとリンリンは韻を踏んでいる。
もちろん、ウソップの故郷のにんじんもビッグ・マムの息子。

ドラム前王(ワポルの父親)★

元将星シャーロット・スナックは、体型がワポルで服装も冬島。
ワポルが父親だと思いがちだが、なんとワポルは29歳(84巻)。ワポルの父親は国王だし政略結婚の価値あり。

1 2 3 4