1. まとめトップ

ジュエリー・ボニーの正体が判明【考察】

ワンピースのジュエリー・ボニーはエースの母親。ルージュとは別人。これで謎・秘密・人物関係は解明。次はすべてガセ・デマ。エースの姉、エースの妹、エースと双子、ロジャーの娘、ルージュの娘、白ひげの娘、赤犬の娘、マザー・カルメルの娘、ルフィの母親、ルージュと同一人物、バーソロミュー・くまの妹、娘、母親。

更新日: 2018年10月20日

0 お気に入り 86115 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

※当まとめに影響を受けて、自分の説とする場合、当ページや動画へリンクをお願いします。

ワンピースマガジン4のビッグ・マムの娘リストは、「あくまで構想段階の資料」と注意書きがある。当チャンネルの血縁関係が真相ということで。

ピンク色の髪の毛
大喰らい
汚い食い方
口調が荒い
唇にハートの口紅
海賊旗に口紅
懸賞金億超えの女海賊
お菓子の船
年齢(寿命)を操作できる
……全てビッグ・マムの属性!

マムも若い頃は美人で、ボニーに似ている(86巻SBS)
ウソップの故郷の少年が語る人喰い鬼婆(魂を食うビッグ・マム)に対して大喰らい
ボニー「お~~か~~わ~~り~~!!!」に対して
マム「お~~い~~しィィィ~~」(年の割に幼い言葉)

ジェリー・ボニーというお菓子あり
ビッグ・マムとは決別しており、嫁ぎ先の苗字がジュエリー。

※くまと無関係という話は2ページ目以降で解説

貧乏くさい服の女の子が、こんなに食べ物に恵まれている状況こそが、ビッグ・マムの娘である堅い証拠。義理の父シュトロイゼンのおかげで、食べ物はたくさんある所なので、満足に食えていた。

貧相な服は母リンリンに冷遇されていたという証拠。

ビッグ・マムの国ホールケーキ・アイランドが既に確立されている時期に幼少期だったことになり、ボニーの年齢が60歳~100歳はあり得ないことがわかる。

作者公認モデルのアン・ボニー

★大航海時代の資料 → ワンピース のように記す
父親は政府高官 → 政府・海軍の高官ガープがボニーの父親
捕まったが父親によって釈放される → ガープが逃がしている(ダダンはガープが見逃している)
双子疑惑 → アンという双子姉妹がいる(ダダンのこと)
離婚している → 赤犬と離婚(アンは空島パガヤと離婚)
出産している → ベラミー、サディ、イゾウ、バルトロメオ、エース、ケイミー、チムニーを出産
 (大股開きは出産婦・分娩の表現)
服装で正体を偽る → 年齢で正体を偽る

ジュエリー・ボニーはエースの母親で確実~ボニーは母兄(ぼにい)

女の子ならアン、男の子ならエースの意味

ダダンの本名がアン。ガープ由来の「D」+宝樹「アダム」+本来の名前「アン」→ダダン
ロジャーが子供に付けたかったD・エース(A)+D・アン→ダダン(DADAN)

コミックでは、ルージュが出てくる回想で「女の子ならアン、男の子ならエース」の次のページに、ダダンの名前が登場。アンとエースがダダンと関係が深いことを作者は表現している。

ロジャーの言う「エース」と「アン」とは「ダダン:Dadan」のこと。ロジャーの子なのでDになるが、ダダンからDを抜いた(本来の名前は)A(エース)とAN(アン)。つまり、エースかアンという名前をつければ、ダダンの名前になるので、ロジャーは付けたがった。要するに、ロジャーの好きな女だったのがダダン。ボニーと同じくビッグ・マムの娘なので政略結婚していた。人妻を寝取る趣味はないので、ダダンの妹となるルージュを実際の妻としたロジャー。

ロジャーの言動では女の子の名が先に来るわけで、赤子にアンそのものの名前をつけたかった。男子の場合はアンではおかしいのでエースとした。ボニーはアンではない。ダダンがアン。よって、アン・ボニーを理由に、ルージュの娘がボニーという論理は成立しない。

【視点の違い】
作者視点と登場人物視点を明確に切り分けないといけない。作者ならば、アンという人物とボニーという人物に関係を持たせてもいい。なぜなら現実の史実にアン・ボニーという海賊がいるからだ。しかし、ルージュやロジャーに名前を相談したシーンがあり、「現実、いわば別世界の史実の人物アン・ボニー」にちなんで、アンの所を娘にボニーとつけたり、アンなのにボニーを名乗る女がいるという設定は著しく不自然なのだ。名前をつけようとするシーンが存在しつつ、アンとボニーを関係させる登場人物はあり得ない。

言い換えると、作者は現実もワンピースの世界も知っているが、登場人物は現実の世界を知らないのだ。当チャンネルでは、プリンの父親はペルだと考察している(文字が1字ずつずれ、ンの次は無し)。ビッグ・マムは「ペルの娘だからプリンにしよう」と思って名付けたわけだ。ビッグ・マムはお菓子のプリンも人物のペルも知っているから成立する。しかし、ルージュやボニーが別世界のアン・ボニーを知っていて、アンとボニーに関連を持たせる事はあり得ない。
↑このブロックの「視点の違い」は重要なので、理解できていなかったら読み返しを。「エースの姉妹だ」と作中に明示化したり、「他の証拠でエースの姉妹以外にあり得ない」という状況ならば、異世界での関連ワードもありだ。親が名前をつけるシーンがない場合も、許せるだろう。しかし、「人物関係を隠しつつ、視点を逸脱する事例が最大の根拠」というのは成立しない。

今度は作者視点。
アン・ボニーがモデルならば、出産したり離婚している属性がなければならないのだ。更には父親が政府関係者で、ボニーを逃がせる(生きている男)という属性も必要。

アンとボニーは、それぞれ別人だが、双子などの血縁者というのはむしろ成立する。ボニーに育てられない赤子がいたら、ダダンが育てることになるのは自明の理。

なお、ロジャーに加担したアン(ダダン)はリンリンに寿命を奪われ老いた姿に。以前lの考察では、ダダンが正体を隠すためにボニーと年齢を交換したのかと思ったが、リンリンのお仕置きという考察を前に出したい。

ワンピースの雛形となる漫画に「ロマンスドーン」という作品がある。ロマンスドーンでは、ゴムゴムの実の麦わら少年が、アンという赤毛でナミそっくりの少女と旅をする。少年はワンピースではロジャーで、アンはダダンだと考察。なお、ナミもビッグマムの娘だと考察でき、アンの妹がナミ。雛形では、ロジャーの相棒がアンというわけだ。

ボニーと同格の美人。これならロジャーの目すらハート。しかし、顔は美しくないが、処女のルージュを選択したロジャー(←ジョーク)。

パガヤとウルージが夫で、パガヤとは離婚。コニスとアイサの母親だと考察。この顔の娘なら、その夫たちでも可愛いのが出る。

作者によるルフィの母親像は「美しくない」なので、ダダンは不適格。もちろん、ボニーも不適格。

なお、耳などに輪ピアスをしているキャラは全て隠れDだと考察済み。ボニーやバルトロメオにも顔に輪ピアスがある。シャーロット・ダイフクやクロコダイルもしている。(名前にちゃんとDがある)

エースの母親はルージュではない

エースの母がルージュという展開は、ガープの偽証(作者の演出)。ルフィとエースはガープが人物を入れ替えた(エースの真の父ドラゴンの要請かな)。ルフィは年齢を幼少期に3歳マイナスされた。
ボニーはルージュとは別人。

ルフィ……ロジャーとルージュの息子
エース……ドラゴンとボニーの息子

ボニーがエースの母親ならば、頂上戦争に駆けつけた? いや、頂上戦争にボニーの関係者が誰かいるはずなのに、ボニーが駆けつけていない以上は、誰と関係者でも到着できていない事実しかない。
他にもウソップのピンチに、全く父ヤソップが来ていない。

そりゃ、こっそり救出できる場面ならば、ボニーも体を張るだろう。しかし、インペルダウンや公開処刑の現場というのは具合が悪すぎる。黒ひげによって、「お前は弱いから仲間には出来ない」と宣言されている。

ボニーには、バルトロメオやチムニーなど、他にも子供がいるので、エース1人に命をかけるわけにもゆかなかった。命をかけて、どうにかなる状況でもなかった。一応、お父さんのガープが現場にはいるのだから、お父さんに頼ればいいボニーだった。

ボニーが「私とドラゴンの子なの」と叫んでも無意味。エース自体が懸賞金付きの海賊だし、ドラゴンの息子も野放しには出来ない。海軍のメンツでルフィと両方を処刑するだけ。そもそも、ボニーのタワ言を信じてもらえるかも不確定。

白ひげがやられそうになって、ボニーは泣いた? エースを助けてくれると期待した白ひげが傷つけば、そりゃボニーはエースが心配で泣く。白ひげ以外の味方はザコばかりなので、もう期待はできなくなった。エースの死の確率が高い現場に、母親のボニーは怖くて行きたくなるわけがない。下手すれば、処刑(ギロチン)を目の前で見ることになる。そんな惨劇を見に、行けるわけがない。数字にすると、現場に到着した前提で、0.1%の可能性でボニーがエースを助けられるとしよう。99.9%の可能性でエースの死亡、最悪ギロチンを目撃する。ボニー自身も捕まるか死亡。この賭けは不成立だ。「助けにゆくこともできないから泣いた」が正解なのだ。もっと言うと、「母親だからこそ、現場に行きたくなかった」のだ。

今度は作者と読者の視点になって考えてみよう。ボニーはエースの母親だという裏設定を抱えている作者がいる。ボニーが、なり振り構わずエースを助けようとする姿を描いてしまうと、読者にボニーとエースの関係を特定されてしまい、もっと隠したい設定「ロジャーの息子がルフィ」を読者に悟られてしまう。この状態を甘く見てはいけない。即座にルージュがガープの娘だとバレ、ルージュとボニーが姉妹だとバレ、ガープの妻がビッグ・マムだとバレ……のように、連鎖的に次々と隠したいことがバレる。作者としては、ボニーを現場に行かせるわけにはゆかないのだ。つまり、ボニーが現場に行かないことこそが、エースの母親である証拠となる。

【ボニーの行動】
●エースの処刑の日には涙してこらえた
●バーソロミュー・くまが奴隷になって殴られていても、助けようとしない(コミック908話)
結論……ボニーは無謀な人物ではなく、実力をわきまえた冷静な人間だが、涙もろい

ドラゴンは革命が大事なので、助けにゆけない。また、「ロジャーの息子処刑」という日のために、ロジャーの息子ルフィとエースを交換したのだから台無しにはできない。

ドラゴンに息子がいることは、側近のイワンコフも知らなかった。つまり、ドラゴンにエースという息子がいることは、妻ボニーや義理の父ガープくらいしか知らなかった。

【ルージュの子がエースだとしたら不可解な点と妥当な思考】
●ボニーがエースを心配し過ぎ。エースの真の母親という思考で解決。
●そもそも、ロジャーの子を必死に守った母親というエピソードが必要なのか? 主人公クラスに設定すべき内容では?
●20ヶ月胎児というのは、悪魔の実で守った証拠。本当にエースがロジャーの子なら、生まれた時期をずらす必要がない。主人公ルフィがロジャーの息子だからこそ、悪魔の実の能力を2回使ってロジャーの子から年齢をずらす意味がある。
●エースの本当の母親なら、ルージュの妊娠前のエピソードを入れていいはず。ロジャーの戦い方も同様。ルージュやロジャーの態度や戦い方は、ルフィそっくりのはず。
●死ぬ間際のルージュは「この子の名はゴール・D・エース」と言いながら、その回のタイトルは「ポートガス・D・エース死す」。エースが二人いることを意味する(本当のゴール・D・エースはルフィ)。

※5つしか無いのではなく、このまとめだけで物凄い長文で、ムービーもたくさんなので、省略した。ぜひ読者自身が見つけて欲しい。

外国の人は親子関係だと分かっている?
エースの姉妹というガセが通っているのは日本だけ? ガセがあるのはともかく、信じている人が多いのが理不尽だった。

↓外国の人向けなので、同じ話は日本語で当ページに記してある。
Some japanese believe that Ace and Bonney are brother and sister.
The relationship between Bonney and Ace is mother and son.

上の段を参考に。
作者による想像画だが、性転換ボニーとそっくり。
そばかすも消えている。(大人になると消える場合が通常、エースはちょっと遅れていただけ)

ジョジョでもポルナレフやディアボロが、壮年になったときにソバカスが消えた。

作者による想像画。
ポイントだが、性転換しただけで、年齢を変える描写はない。当チャンネルの考察、ボニーの真の年齢44歳とマッチ。

もちろん、ロジャーに似ていない。

図鑑にボニーの父がくまかのような誤誘導あり。
くまは義理の父親。ビッグ・マムの娘全員にとって、ビッグ・マムの夫くまは義理の父。

年取ったり若返ることはなく、現在の年齢で性転換されている。オダッチ、グッジョブ!

黒ひげは2年後未登場の為パスと作者は語るが、ビッグ・マムとそっくりなので、描いたのはいいが出せなかったのだろう(黒ひげはビッグ・マムの息子で、そもそも黒ひげを女の顔にしたキャラがマム)

2年後未登場の為パス=現在の年齢で性転換確定

誕生日と年齢をチェック(姉妹ではない証明)

エース1/1、ボニー9/1
2年前時点……エース20歳、ボニー推定22歳(年齢変化後)

ボニーもロジャーとルージュの子なら、誕生日が違うロジャーの子を海軍は2人も逃していることになる。そんなことは考えられない。また、アニメのロジャーは、初めての子供だという意味の台詞を発言。つまり、ガープの付き添いで産んだ赤子がロジャーの初の子(エースの姉はあり得ない)。

ルージュが生んだのは1人だけで、出産後は死亡。ルージュが生きていたらガープが青ざめる必要ない(エースの妹はあり得ない)。ボニーが能力を継承しているので死亡確定。ボニーとエースは誕生日が異なり、双子は全くあり得ない。ルージュが抱いている赤子は1人だけだし、赤子1人でも腹に20ヶ月抱えるのは大変なので、そもそも双子は論外。ボニーが先に生まれたら、その時点でルージュが海軍に捕まるので姉もあり得ない。ルージュの発言では子供に対して「女の子ならアン」なのだから、ボニーという名前はおかしい。妹なら尚更。また、先にボニーを産んでいるとしたら、20ヶ月胎児の出産後に「女の子ならアン」というルージュのセリフはおかしい(女の子が生まれていたのにアンという名前が付いていないので)。姉と妹は、どの角度でもあり得ない。

作者はボニーの正体を隠しつつも、ちゃんと誕生日は離れて設定してくれてグッジョブだ。もし、ボニーが1/9とかだと、エースの妹だという愚説が消えなかったろう。

兄弟姉妹だとすれば、一度も接触していないエースとボニー(エースは処刑の際に、ボニーを気にしている様子はない)。たとえ血の繋がりがある兄弟でも、全く接触がない相手の処刑で泣く道理はない。ましてや、いつ死んでもおかしくない海賊同士だ。また、ボニーだけエースを知っていてエースはボニーを気にしないのはおかしい。一方的というのは、ボニーがずっと年上であることを意味する。

以上、少し考えれば、姉妹はあり得ないのに、なぜか信じる人が多い謎の説。

作者が1と2のどちらを読者に隠したいのか考えれば自明の理(明白な事柄)。
1.エースとボニーか兄弟姉妹だという伏線(ボニーがロジャーの娘だという伏線)
2.ルフィこそがロジャーの息子だという伏線
2に決まってる。よって、エースとボニーは兄弟姉妹ではない。

一応、解説しておく。エースとボニーが兄弟姉妹の場合は、エースの母親はルージュで、ロジャーの子は他にはいないわけで、ルフィの父親はロジャーになれない。一方、ボニーとエースが母と息子の場合、ルージュの息子は誰? という話になり、ルフィがぴったり収まる。しかも、ボニーが身近にいる以上、ルフィが幼い時に更に年齢を3減らすことができ、ロジャーの息子の年齢と一致する。

そもそも、ボニーのモデルがアン・ボニーならば、出産や離婚をしていているはずだし、父親が政府の役人でないとモデルの価値がない。「ルージュの娘はアンになるばずだがら、アン・ボニーとの関連ができるボニーの正体はアンだ」という思考は、全く見当外れないのだ。

作者公認のモデルがアン・ボニーである以上、エースの姉妹だと、なんのモデルの意味もなくなるという、別方向からのアプローチで解決。名前だけ借用しても、そんなもんはモデルとは言わない。

他の考え方としては、ボニーとビッグ・マムが似すぎており、娘の空欄が目立つので、母娘だと先に結論に出しておく。幼少期の食べ物豊富な状況も説明できる。既にボニーに確実な母親候補がある以上、あまりにも違いすぎるルージュとボニーが母娘のわけがないと判断できる。ちなみに、エースとビッグマムにも共通点……ドラム王国の天候を変えた、そばかす、大食い。

【ルージュとボニーの共通点の無さを重視すべき】
ルージュとボニーには全く共通点がなく、母娘ならば、エースの話抜きでなんらかの形で共通点が必要となる。例えば、ボルージュのような名前で、ボが共通しているとか、髪の毛の色だけは一致しているとか、その程度でも構わないのに、何一つ無いのはあり得ない。

コニーというのはボニーが化けていた存在しない人物。世界会議には参加者が多いので、門番は服装や年齢に騙された。前例があり、ゾロの妹に化けて、天竜人などを騙した演技力。

ボニーがエースの姉妹という説は完全終了。
エースの母親で解決。

ついでに語ると、くまなんて無視して、くまと入れ違いで内部(天竜人のエリア)へ入り込んだボニー。くまとボニーは一切、無関係。くまが目的なら、入れ違いはおかしい。

尾田マジックだが、ボニーは何かを見たから涙を流したと読者には誤誘導しておき、真相としては何か(ひどい姿になった息子という言葉)を聞いたから涙を流した。

仮にボニーがエースの姉妹だとする。
ルージュもロジャーも死んでいるのだから、エースが兄弟という関係をボニーは他人から聞かされたことになる。例えばガープから聞いたとしよう。他人からそんな話をされて、果たしてエースという兄弟を思うことができるのだろうか? ルフィはガープから父の話をされたが、ドラゴンなんて全く眼中にない。

一度も一緒に暮らしたこと無い相手に兄弟愛は発生しない。

【異父兄弟(姉弟)ではない証明】
ルージュにロジャー以前の夫がいて、その娘がボニーという説となる。
まず、幼子のボニーが胎児を抱えたルージュの側にいない。
そもそもの、エースとボニーが姉弟である主張の根幹は、ロジャーの言葉「女の子ならアン」にちなんだ、ボニーという名前が基盤のはずだ。しかし、ロジャーの子供でもないのに、(アンにちなんだ)ボニーはおかしい。ボニーがもっと年長ならば、ロジャーの言葉(ルージュがロジャーの子を妊娠してから言った言葉)を聞く前にボニーが産まれていることになり、ますます「女の子ならアン」から遠くなる。よって、異父姉弟は一切成立しない。

なお、異父姉弟なんて、オバやイトコと、そう血は変わらない。なぜオバやイトコだと思わず、姉弟なのか全く根拠がない。異父の場合、ロジャーの言葉「女の子ならアン」という、根源が成立しないことに気づいていない状況が誤考察の原因。そして、「女の子ならアン」なのに、なぜボニーなのか? アンとボニーが同一という要素が、最も強く勘違いしている部分。

異父姉弟という意見である以上、両親が共通したエースの姉妹ではあり得ないことを自覚しているので、「ボニーもロジャーとルージュの娘」よりは考察過程でマシなところもあるが、結論はハズレ。

もし、「ボニーはエースのオバだから泣いた」なんて説があったら、「ボニーはエースの姉妹説」や「ルージュとボニー同一人物説」のよりも遥かに矛盾が少ない。なお、当まとめの考察の結論としては、ルージュとボニーは姉妹という所までは、エースのオバ説と一致している。ダダンもボニーの姉妹で、泣いたオバがいるとすればダダン(本名アン)のこと。

【エースよりずっと年上のロジャーの娘ではない証明】
2人目の子ならば、ルージュが命懸けで守る必要性が薄らぐ。
アニメのロジャーは捕まった後に、ガープへ向けて初めての子供だという意味の台詞を発言。
「オレにガキができるんだゼ、信じられるか?」
他には、幼いボニーが汚い服なのに、ルージュの側でたらふく食えるのはおかしい。
誰の子を産んだかにかかわらず、ルージュ自体が68歳のビッグ・マムの娘なので、そんな年長者を産むにはルージュ自体が(生存換算)60歳とかになり不成立。

ルフィとは近親(母親ではない)

父はガープで母はリンリン(ビッグ・マム)

1 2 3 4