1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

Xデーは9月9日!?…挑発を続ける北朝鮮の建国記念日に不安の声

韓国の李洛淵イナギョン首相は7日、ソウル市内で開かれた国際官民会議「ソウル安保対話」で「北朝鮮が建国記念日の9日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を通常角度で発射し、挑発が続くとの予測もある」と述べた。

更新日: 2017年09月08日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 47506 view
お気に入り追加

○6回目核実験を発表した北朝鮮

北朝鮮の核兵器研究所は3日午後、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に完全に成功した」とする声明を発表した。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは3日午後、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に完全に成功した」とする重大報道を発表した。

北朝鮮の科学者らがこの日午後0時半(日本時間)に北東部の核実験場で実験を成功裏に実施したとした。

○9月9日にICBM級弾道ミサイルを発射する可能性

一方で、今後さらにICBM級弾道ミサイルを発射する可能性があるとの分析が出ている。

李氏は約40か国・国際機関の軍幹部や専門家らの前で「北朝鮮が完全な核武装を終えるまで時間は多く残っていない」と強調。

「対話は究極的に必要だが、今は考えるときではない。最大限の制裁をし、軍事的抑止手段を十分に確保しなければならない」と述べた。

○「7回目の核実験」を強行する構え

北朝鮮が9日の「建国記念日」などに合わせて、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射や、「7回目の核実験」を強行する構えを見せている。

韓国の情報機関・国家情報院は4日、北朝鮮が新型のICBMを通常軌道で北太平洋に発射する可能性があると国会に報告していた。

北朝鮮は、建国記念日(9日)や、朝鮮労働党創建記念日(10月10日)に合わせて、新たな「ICBM発射」や「7回目の核実験」を強行する構えを見せているのだ。

○核実験について広島の原爆の10倍以上に当たる、約160キロトンになると試算

北朝鮮が3日行った核実験について、国際機関はTNT火薬に換算して広島の原爆の10倍以上に当たる、約160キロトンになると試算した。

北朝鮮が3日に核実験を強行したことを受けて、韓国軍は4日朝早く、ミサイルの発射演習を行い、北朝鮮を威嚇した。

軍事面では、韓国が開発可能なミサイルの弾頭重量制限を撤廃することで米韓首脳が合意したと説明した。

○トランプ米大統領は軍事行動選択肢も

トランプ米大統領は7日、6回目の核実験を強行した北朝鮮への対応について「軍事行動は間違いなく選択肢だ」とした

「軍事行動の道に進みたくはないが、とることはあり得る」と指摘し、「もしとれば、北朝鮮にとって非常に悲しい日となるだろう」と警告した。

米軍は現段階で戦闘準備に入っていないとみられ、トランプ氏の発言は、国連安全保障理事会で議論が進んでいる北朝鮮への追加制裁と合わせ、北朝鮮の姿勢の変化を促す圧力策の一環とみられる。

○このニュースはネットでも話題になっています

明日北朝鮮の建国記念日かよミサイル発射するかもだって

北朝鮮建国記念日で花火感覚でミサイル撃っちゃいそう

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。