1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ミニマルな人へ。クラウドで生まれたマネークリップが超スマート

電子マネーが普及し、キャッシュレスな時代だからこそ使いたいマネークリップ。財布がかさばるのを抑えてくれて、デザイン性にも高いマネークリップがクラウドファンディングで生み出されました。中には小銭が入るものもあり、大変便利です。

更新日: 2017年09月10日

hayaitanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
48 お気に入り 50069 view
お気に入り追加

荷物をなるべく減らしたい人に使って欲しい

ミニマルでかさばらないマネークリップ、使いこなせたら大人っぽくてカッコいいですよね。

コンビニなどのちょっとした支払いは電子マネーで済ますという人も増えていますし、このフレキシブルなミニマルさは用途が広いのではないでしょうか。

現金を持ち歩かない時代だからこそ

財布の起源ははっきりしないようですが、中世のヨーロッパにおいては、硬貨を袋に入れてまとめていたそうな。要するに、散り散りにならなければOKという発想です。
マネークリップ、カードホルダーも、発想としては同じです。

マネークリップに変える理由はさまざまある

長財布が邪魔だと感じられるようになりました。というのは主な移動手段をクルマから公共交通機関にシフトしたからです。

荷物は少ない方がいい

長財布からマネークリップにしてもいいかもと思った一番の理由はコレ。財布を盗られそうになるから。長財布を10年以上使っていても、やっぱり気になるのはその存在感。

コインの価値が低い国ではマネークリップも便利、おつりで来たコインはチップにしてしまえば小銭も減るし店員さんは嬉しいしでウィンウィンです。

チップいいですね

財布は持たずにマネークリップで出かけるスタイルなのだが、かさばらないからポケットに入れられるし夏場も蒸れないのでこれからの季節は特にオススメ♫

かさばらないのが嬉しい♪

Decadent Minimalist

最大12枚のカードを収納。
その重さ、わずか12gから。
ジュラルミン ブロックから1つずつ精密に削り出して作ることにより、精巧な作りでありながら、堅牢性に優れています。カラーは9色。
まるで宝石のような輝きを持つアルマイト加工。

かなり軽い

SUICAをはじめとするカードタッチ時代に完全対応!
ポケットにそっとしのばせるだけで、コンビニの支払いから高級レストランの支払いまでOK。もちろん電車に乗るときにもタッチするだけ。

世界最大の米国クラウドファンディング「Kickstarter」では、7000万円以上も集める人気プロダクトとなった話題のお財布

C-wallet

これまでに無かったコインケース+マネークリップというアイデアとシルバー+本革という アクセサリーのようなデザイン性と財布の機能性を持つ製品です。

プロダクトの基本的な収納量
札・・・2つ折りで片面15枚程度 カード・・・片面4枚程度 小銭・・・ランダムに10枚程度

小銭も入ります

C-Secure

1 2





hayaitanさん

お気に入りありがとうございます!

《まとめ内容》
話題の商品
キャラクター
100均
カルディ
業務スーパー
コストコ等

“すきま”のまとめを心がけています
日常の会話のきっかけとなれれば幸いです