1. まとめトップ

■ビッグマムの孫達は実は登場済み

ビッグ・マムの孫として作中に明確になっているキャラクターは「ペッツ(カポネ・ベッジの息子)」のみ。一方では、マムの子供の数を考えると、孫は相当数いることが想定できる。新たに登場する人物の中にもいるにせよ、既存キャラクターの中に発見できる。

■実は曾孫も2人いる

ペッツ

カポネ・ベッジとシフォンの息子

■考察で発見できる孫

まず、ビッグマムの娘達は甘い物の名前になる(お菓子や果物)。息子の名は料理や調理具などの場合もある。

次に、ビッグ・マムが半人魚ということを把握する必要がある。
●しらほし姫と泣き叫びが同じ
●海賊旗に陽樹イブ
●両親は人間サイズなのに巨体(魚人の隔世遺伝)
●水玉ワンピース(魚人のファッション)
●パジャマの帽子が★マーク(魚人のファッション)
●微妙に尖った歯
●幼少期の魚人っぽい目
●駅長ココロ(人魚)と顔がそっくり
●リンリン5歳の国外追放の船に魚人っぽい人達

ルフィ

牛乳を飲んで歯が再生した
魚人のジンベエからF型(魚型)を輸血された
海王類の声を聞いた(これはロジャーの息子だからという方向でもいい)
以上はルフィが魚人の血を引く証拠。

ビッグ・マムは大食らいで、食うと大喜び、食わないと精神がおかしくなる。よく、よだれを垂らす。まんまルフィの特徴。海賊王になりたいとか、人種差別をしないとか、まさしくルフィの主義。

母ルージュ(考察)に対し、プラリネ・ルージュという菓子がある(マム29女にプラリネがいるのでマムの娘は確定の域)

要するに、当ページの話は、ルフィのイトコ達のまとめ。

【備考】誤ったルートからでもマムの孫だと到達
ジュエリー・ボニーをルフィの母親だと間違え、ボニーの母をビッグ・マムだと正解すると、ルフィはマムの孫になる。

ルフィはマムに背中を向けており、警戒していない。マムの腹の中にルフィがいたような構図。マムもルフィを狙っていない。2人とも上機嫌。何も知らない人に見せたら、もはや家族の域。

エース

ソバカスが共通(リンリンは幼少期)
ドラム王国の天候を変えた
大食らい
母ボニー(考察)がマムの特徴だらけ(マムの娘)
マムの夫でエースの祖父ガープ(考察)と鼻くそほじりが共通(少年時代)

【備考】誤ったルートからでもマムの孫だと到達
ルージュをエースの母親だと誤誘導にはまったままで、ルージュの母をビッグ・マムだと正解すると、エースはマムの孫になる。

バルトロメオ

ビッグマムをママと呼ぶペコムズと設定がかなり近い
マムの娘(考察)のボニーとズボンの配色、金輪ピアスが共通、通り名も近い
マムの夫の1人ガープ(考察)と、鼻くそほじりの癖が共通
田舎の婆ちゃんは、作者が血縁者ではないと名言

ペローナ

マムの長男ペロスペローと名前が酷似
ピンク色の髪
顔の付いたパラソルが共通
マムの娘ローラと目がソックリ(上下逆)
マムの息子モスカートと目がソックリ
ペローはキャンディを連想
アンデッド・オア・トリートという公式ゲームあり
アンデッド・オア・トリートはお菓子のゲーム
お菓子の上に立つフィギュアがある
口調が荒い
王冠でどこかのプリンセス(マムの万国)
霊魂を操る能力が共通

しらほし姫

泣き叫びが共通
母のオトヒメがやたら人類との共存を訴える(自分が半人魚なので)
乙姫は国産マンゴーの愛称でスイーツの材料(マムの娘)
しらほし自身も梅の意味
ピンク色の髪

フカボシ、リュウボシ、マンボシ

しらほしの兄達

レベッカ

1 2 3





ワンピース以外の分野ですが、考察に関しては日本一と呼ばれていました。ワンピースでも活用できるのではと思い、記しています。たまにミスもありますが、納得できるアドバイスがあれば積極的に直します。