出典 www.ibm.com

考え方の基礎:「5W1H」を使えば質問が生まれる

参照:5W1H – The Social ZIP code by IBM

相手の言葉やある情報に対して、たとえばそれが「何を」指しているのか。そこに人(Who)がどう絡んでいるのか。時間軸(When)で考えてもいいし、場所(Where)に焦点を当ててもいいだろう。さらに、もっと具体的な様子(How)を尋ねてもいいし、そもそもなぜ(Why)なのか、その背景に踏み込めれば、物事の因果関係を理解できるかもしれない。

この情報が含まれているまとめはこちら

質問する力を鍛えよう

質問力は非常に役に立つにも関わらず、多くの人が学ばないでいます。多分、その重要性に気付いていないか、それとも誰でもできて当たり前だと勘違いしているのではないでしょうか。特に、仕事の成果はこれによって明らかに変わります。

このまとめを見る