no, yes at 7ELEVEN gallery by cristinabe CCライセンス:表示

質問には二種類ある

「5W1H」の質問は相手にもっと話をしてもらう意図がある。ただし、相手があまり話したがらない状況や、曖昧な場合は、「Yes/No」で事象の輪郭をはっきりさせていくという手もある。

「Yes/No」が答えやすいか、「5W1H」が自由度があっていいかは、相手と質問の内容を考えて選ぶべきだろう。ただし、「5W1H」でも、Whyを連発することは、相手へのストレスを与えることになる。常に、「(相手を)不快にさせない」という質問を心がけよう。

この情報が含まれているまとめはこちら

質問する力を鍛えよう

質問力は非常に役に立つにも関わらず、多くの人が学ばないでいます。多分、その重要性に気付いていないか、それとも誰でもできて当たり前だと勘違いしているのではないでしょうか。特に、仕事の成果はこれによって明らかに変わります。

このまとめを見る