1. まとめトップ

復活が待ち遠しい!!「ジムニー」

復活が待ち遠しい!!「ジムニー」

更新日: 2019年05月07日

1 お気に入り 28447 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▽発表&発売

スズキは2018年7月5日、4代目となる新型「ジムニー」および新型「ジムニーシエラ」を発表。同日販売を開始した。

新型ジムニー/ジムニーシエラは、半世紀におよぶジムニーならではのこだわりと技術を継承しつつ、ジムニーに求められる本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させた。

サイズはジムニーで全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm、ホイールベース=2250mm。軽規格という縛りがあるため全長と全幅は従来と同じだが、全高は先代より45mm高くなった。

基本ボディーは共通だが、オーバーフェンダーや大型バンパーなどを備えたジムニーシエラは全長×全幅×全高=3550×1645×1730mmとなっている。オフローダーとして重要なデータである最低地上高は、ジムニーが205mm、ジムニーシエラが210mmである。

パワーユニットは、ジムニーが現行のスズキ軽に広く使われている660ccの直3 DOHCターボで、最高出力64ps(47kw)/6000rpm、最大トルク96Nm(9.8kgm)/3500rpmを発生。

ジムニーシエラは新開発された自然吸気の1.5リッター直4 DOHC。先代の1.3リッターより軽量かつコンパクトで、最高出力100ps(75kw)/6000rpm、最大トルク130Nm(13.2kgm)/4000rpmを発生する。

トランスミッションはジムニー、ジムニーシエラともに5段MTまたは4段AT。駆動方式は2H(2WD-FR)、4H(4WD高速)、4L(4WD低速)の切り替えが可能な、副変速機付きパートタイム4WDである。

新型ジムニー/ジムニーシエラは、今回の全面改良にあわせて、初めて湖西工場(静岡県湖西市)で生産し世界に供給する。価格はジムニーが145万8000円から184万1400円、ジムニーシエラが176万0400円から201万9600円。

【ジムニー】
XG(4WD/5MT):145万8000円
XG(4WD/4AT):155万5200円
XL(4WD/5MT):158万2200円
XL(4WD/4AT):167万9400円
XC(4WD/5MT):174万4200円
XC(4WD/4AT):184万1400円

【ジムニーシエラ】
JL(4WD/5MT):176万0400円
JL(4WD/4AT):185万7600円
JC(4WD/5MT):192万2400円
JC(4WD/4AT):201万9600円

▽ついに!!

スズキは18日、軽自動車規格のオフローダー『ジムニー』と、ジムニーをベースに小型車規格とした『ジムニーシエラ』の、それぞれ新型の概要を発表した。同時に7月の正式発表・発売も予告した。

660ccエンジン搭載の新型ジムニーは4WDで、5MTか4ATを選べる。「XC」、「XL」、「XG」の3仕様が設定された。1500ccエンジン搭載の新型ジムニーシエラも4WDで、5MTか4ATを選べる。「JC」と「JL」の2仕様を設定。

ボディカラーは都合9色が用意されており、ジムニーXCとジムニーシエラJCでは、ブラック2トーンルーフも選べる。さらにジムニーXCには、ルーフとボンネットをブラックにした、ブラックトップ2トーンも設定され、受注生産となっている。

メカニズムについては基本的に従来モデルのものを踏襲。シャシーはラダーフレームに3リンクリジッドサスペンションの組み合わせで、縦置きのFRレイアウトでエンジンを搭載。

駆動システムは副変速機付きパートタイム4WDを採用している。また、ジムニーシリーズとして初となる運転支援システム「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載される。

▽シエラも??

▼次期「ジムニー」

スズキは軽自動車では数少ないオフロードモデル「ジムニー」をフルモデルチェンジすると発表しました。発表時期は2017年10月開催される東京モーターショーの可能性が高くまた1.0リッター直列3気筒ターボエンジン(K10C型)を搭載するジムニー派生車も2017年内登場すると言う一部情報あり。

ワールドプレミアは2017年10月の東京モーターショーと予想されていたが、20年ぶりの刷新ということもあってか開発に時間をかけており、年内の発表となるかどうかギリギリのラインだという情報も入ってきている。

スズキは、年末に大型の発表をおこなう傾向があるため、東京モーターショーでの公開がないとしたら、年末にワールドプレミア、2018年春頃の発売となる可能性もある。

スズキの本格軽自動車クロカン『ジムニー』次期型プロトタイプが、現行モデルを従え、公道テストを開始した。

前後を走る新旧2台を比べると、その変化がよく分かる。フロントビューで比べると、Aピラーが現行型はルーフに行くにしたがって絞られているのに対して、次期型はほぼ垂直。ルーフやボンネットも地面対してほぼ水平。

リアビューも同様で、箱形感が強調されたシルエットとなっているのが次期型の特徴だ。

テールライトは、横型となり、バンパー側へ移動していることも分かる。ボディサイズは全高が伸びているように見える。

1 2