1. まとめトップ

「堺雅人」の演技が光る!変幻自在の変貌ぶりに脱帽の映画5選!

俳優、堺雅人の演技が光る映画を紹介していきます。時に犯罪者、時に復讐者、時には凄腕外科医まで演じ分ける、堺雅人の役者としての力量が分かる作品ばかりです!作品やテレビで活躍も随時追加していきます。

更新日: 2017年09月11日

2 お気に入り 4102 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tyuukiさん

その1『クヒオ大佐』

ちょび髭をつけて、自分をクヒオ大佐と名乗る実在の詐欺師「クヒオ大佐」を堺雅人が演じています。どう見ても胡散臭いクヒオ大佐を、お茶目に胡散臭く演じている堺雅人の、絶妙なさじ加減が素晴らしいです。

女性に大量にお金を貢がせているにも関わらず、どこか憎めないというつかみどころのない大佐を堺雅人が見事に演じています。

その2『その夜の侍』

堺雅人、山田孝之、二人の生々しく静かな演技にぐっと引き込まれる作品です。娘を交通事故で殺され、その相手に復讐を果たそうとする主人公を堺雅人が演じます。
敵となる山田孝之ですが、こちらも人を人とは思わない冷徹ながら、どこか人間らしい犯罪者の役を演じています。

「こんばんは」というお互いの挨拶から始まる、真夜中の決闘でみせる堺雅人、魂の演技に胸を揺さぶられます。

その3『ジェネラル・ルージュの凱旋』

救命現場で、命がけで患者を救い続ける救命医、速水の役を堺雅人が演じています。どこか影があり、患者を救う情熱が人一倍強いという、速水を演じる堺雅人がクールで痺れます。

ジェネラルルージュの真の意味と、惚れ惚れするほど、キザでスマートな速水を堺雅人が見事に演じています。

その4『ゴールデンスランバー』

無実の罪を着せらられ、警察から逃げる逃亡者を堺雅人が演じます。次から次へと目まぐるしく動く展開、スリル満点の逃亡劇と見所は満載です。

普通の人を演じているのに、主人公としての華やオーラを持っている堺雅人はやはりすごいのだと感じさせられます。

その5『大奥』

主人公の堺雅人が演じるのは、大奥を上り詰めようとする右衛門佐を演じています。
この作品の肝は男女の大奥での立場が逆転して、男性が女性将軍の目にかなうため尽くそうとするというものです。

誠実ながら機転もきく右衛門佐を色気たっぷりに堺雅人が演じています。実はこの作品で出会った菅野美穂と後に結婚しているので、堺雅人ファンには欠かせない作品です。

役になり切る堺雅人の演技!(随時映画追加)

役になり切る堺雅人の演技はまさに脱帽の一言です。演劇を若いうちから続けていたことで培われた演技力と、独特の存在感が魅力の堺雅人。今後の活躍にも注目です。

1