1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

武井壮も祝福!桐生祥秀・100M日本人初の9秒台に祝福の声広がる

9月9日に福井市で行われた日本学生対校選手権の陸上男子100メートル決勝で、桐生祥秀選手(東洋大)が日本選手で初めて10秒の壁を破る9秒98(追い風1.8メートル)の日本新記録を樹立しました。

更新日: 2017年09月09日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 65822 view
お気に入り追加

●陸上男子短距離の桐生祥秀選手

13年8月の世界選手権モスクワ大会は400メートルリレーで6位入賞。14年6月に日本選手権の100メートルで初優勝

力強く大きなストライドとスタートから中盤にかけての爆発的な加速力が持ち味

・リオ五輪400メートルリレーでは、銀メダルを獲得!

男子100メートルは予選で敗退しましたが、400メートルリレーで、第3走者として抜群の走りを見せて、銀メダルに貢献

●その桐生選手が日本学生対校選手権で日本人初の9秒台で優勝!

福井市の福井運動公園陸上競技場で9日行われた陸上競技の日本学生対校選手権男子100メートル決勝で、

桐生祥秀(21)=東洋大=が日本選手で初めて10秒の壁を破る9秒98(追い風1.8メートル)の日本新記録を樹立

・準決勝でも追い風2.4mの中、10秒14をマークしていた

前日の予選では、追い風4・7メートルの7組で10秒18(追い風参考記録)の1着。

準決勝でも追い風2・4メートルの中、10秒14をマーク。好状態をキープして臨んだこの日のレースだった。

・桐生選手は「やっと4年間くすぶっていたベストを更新することができた」とコメント

【日本人初】桐生祥秀、100メートル9秒台!日本学生対校選手権で優勝 news.livedoor.com/article/detail… 男子100メートル決勝は桐生(東洋大)が9秒98で優勝。この種目大会3連覇で最後の日本インカレを締めくくった。 pic.twitter.com/vQR9TWUFs8

レース直後、興奮冷めやらぬ桐生は「やっと4年間くすぶっていたベストを更新することができた。9秒台を出せて、

これまで9秒台は9秒58の世界記録を持つウサイン・ボルト(ジャマイカ)を筆頭に黒人選手が大半を占めており、

【86日本IC】 男子100m決勝 優勝 桐生 祥秀(東洋大) 記録 9.98 NNR NUR NGR この100mのレースに多くの方が集まってくれて嬉しかった。9.98を出せたのはライバルのおかげ。自己ベストを更新し、世界で戦… twitter.com/i/web/status/9…

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。