1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

発表から1年…アメリカで売れまくっている『AirPods』の現在

『AirPods』はアメリカでは左右独立型無線イヤホンの売上シェアの85%を占めているそうです。しかも、何やら新『AirPods』の噂も届いています。今後も目が離せない、いや耳から離せない商品となりそうです。

更新日: 2017年09月11日

62 お気に入り 155583 view
お気に入り追加

・『AirPods』の発表から1年が経過した

発表された2016年9月7日当初、ただのワイヤレスイヤホンに159ドル(税別16,800円)も誰が払うのかと物議を醸しました。

耳に刺さったタバコのようだと揶揄(やゆ)されたウェアラブルデバイスは、今やiPhoneユーザーの誰もが欲しがる必須アイテムに

Appleは左右独立型のヘッドホンマイク、AirPodsと、傘下のブランドBeatsから3つのBluetoothヘッドホンをリリースし、ケーブルレスで音楽を楽しむスタイルを提案した。

・「AirPods」についてもう一度おさらいしてみよう

ケースを開けるだけで手間なくiPhoneと接続してくれ、ケースに入れておけば素早くバッテリーを充電することも可能

・実はこのAirPods、アメリカでは爆発的に売れている商品

新たに公開された調査データによれば、なんとAirPodsはアメリカにおける左右独立型無線イヤホンの売上シェアの85%を占めている

昨年12月にローンチされたAirPodsは年初からこのような極めて高いシェアを獲得しているとのこと。

他の製品があまり伸びていない中、AirPodsは市場に受け入れられiPhoneユーザーに使われているとみることもできます。

・「出荷待ち」状態も最近は改善されている

今までは注文から1ヶ月ほどかかっていた「AirPods」。

表示が正しければ、今から「AirPods」を注文すると最短で1週間程度で自宅に届くことになる。

・そんなAirPods、なんと新モデルの噂が

画像は流出した iOS 11 GM から見つかった、AirPods セットアップ用のアニメーション。

2016年発売の現行モデルとほとんど違いが分かりませんが、充電ケースの外側正面に、おそらく充電状況インジケータと思われる点が空いています。

内部的にも AirPods 1,2 の識別子があることから、現行とは別のハードウェアであることは確実

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew