【本当の話】ヨーロッパに「新しい国」が誕生しそう

10月1日、スペインでカタルーニャ地域の独立を問う投票が行なわれます。もし独立となれば様々な範囲に影響が出てきそうです。

更新日: 2017年09月11日

36 お気に入り 79513 view
お気に入り追加

いつの間にそんな事態に…

カタルーニャ自治州の州議会は6日、独立の是非を問う住民投票を来月1日に実施する法案を賛成多数で可決

もし独立賛成票が過半数に達すれば、48時間以内に独立宣言を行うとしている

10月1日付けで、新しい国「カタルーニャ」が生まれる可能性が。

えっ…いったい何がきっかけで

15世紀後半までは、アラゴンと呼ばれる王国の一部で、スペインに統合されてからも、独自の議会を持つ地域だった

それが…

スペイン経済の“尻拭い”までカタルーニャが押し付けられたという被害者意識が、独立運動をエスカレート

2014年に行なわれた非公式の投票では、カタルーニャの有権者数の3分の1に当たるおよそ230万人が参加し、投票総数の8割がスペインからの独立を支持した

小国カタルーニャは、ほんの数日で、まるで独立国家のように危険な状態を掌握した

州政府の完璧な対応が独立を目指す住民の自信に。

ただ、世界各国からは不安の声が

独立すればEUからの補助金も受けられなくなることで、それはカタルーニャの発展を阻むものになる

スペインのGDPの20%、スペインの輸出品の約25%はカタルーニャ州が支えており、カタルーニャが独立した場合にスペイン政府は債務の返済で困難な状態に陥る

バルセロナといえばビッグクラブの「バルサ」ですが…

魅力、競争力はなくなり、チーム力が低下する恐れや、現在在籍するスター選手が次々に退団する可能性が

この現状に、政府は正面から対抗

スペインのラホイ首相は7日、「許しがたい違法行為だ」と激しく非難

「私は住民投票を回避させるために如何なることも放棄することなく付与されている手段で必要なすべての手を尽くす」

もしスペイン政府が投票箱を撤去するなどして住民投票を止めようとすれば、「市民に行動を呼びかけて抵抗する」

一体これからどう進んでいくのか…。今後の動きに注目です。

1

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。