1. まとめトップ

Twitter発。『奮闘する人』をプラスに導く有益な助言ツイート

日々を必死に生きる人々に勇気を与える"助言的呟き"を紹介します。

更新日: 2017年09月12日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
337 お気に入り 111392 view
お気に入り追加

◆『才能を見抜く目』

阿久悠先生ですら山口百恵の才能は見抜けなかった。ここから分かることは、例え入社試験の面接でカリスマ面接官に落とされたとしても、それは彼(彼女)に君の才能を見抜く目がなかっただけ。つまり気にするな。

◆『努力』に関して

もっとクリエイティブになりたければ、「努力」という言葉をすべて「工夫」に置き換えるといい。 努力が足りない→工夫が足りない 努力は報われる→工夫は報われる 努力の積み重ね→工夫の積み重ね

正しい努力と間違った努力がある。ただガムシャラにやればいいってもんじゃない。間違ったフォームでスクワットしても怪我する。筋トレを長時間頑張っても食事と睡眠をおろそかにしたら筋肉は減少する。仕事でも勉強でも同じだ。正しい努力を見極める力、定期的に周囲の人に意見を求める素直さを持て。

◆『人づきあい』に関して

初対面の人と話題に困ったら、「なんのお仕事されてるんですか?へえ、僕その仕事のこと良く知らないんですけど、1番忙しい時期っていつ頃なんですか?」からの、「仕事の苦労話」「今まで会った中で1番嫌な客(クライアント)」を聞くと、だいたいみんな喜んで話してくれるよ。

とても明るくて顔が広い先輩に 人脈の広げ方を聞いたら 「誰かと会った時に挨拶だけで終わらせない、一言二言(今からなんの授業?ピアス可愛い!などなんでも)付け加えてみると自然と人の輪が広がる」とおっしゃっていました

私のことわかりますか?て言われても年一、二回会うかどうかの人なんて相当個性的か濃い時間過ごさないと忘れてしまうでしょ。誰かも言ってたけど相手の気悪くするだけだからやめたほうがいいよね。それよりも覚えてる覚えてないお構いなしの久しぶりです!〇〇の〇〇です!の方が100倍好印象。

最近思うんだけど「自分が嫌いなもの」をいつも言ってると、周りの人はそれを気にして何も出来なくなってくる。「自分の好きなもの」をいつも言ってると、何かの機会にそれが貰えたりする。なら、好きなものを呟いてるほうが得じゃないですかね?って思うんだけどどう?

◆『Excelが苦手な人』へ

会社の先輩の 「Excelに関数の知識はそんなにいらない、分からなければググればいい。 Excelに必要なのは想像力。 △△が○○になったら早く終わるのに、見やすくなるのに、っていう事に気付けるかどうか」 って言葉に励まされたので、昔の私みたいにExcel苦手な人に届いて欲しい。

@traveling_shino 必要なのは「プログラマーの三大美徳」かも。 Perlの生みの親である「Larry Wall」さんが定義したもでのです。 1.怠慢(Laziness) 2.短気(Impatience) 3.傲慢(Hubris)

◆『文章を書くのが苦手な人』へ

時々親戚に手紙の代筆を頼まれるのですが、その時に詳しく話すと「書けない人」がどう書けないかがよくわかる。「書ける人」は無意識に「書くこと」の要素を箇条書きにして、その要素と要素を繋いでいくものですが、「書けない人」は「いきなり書こう」とする。設計図を作らず家を建てるような感じ。

◆『若者』への助言

若い人よ、今のうちに遊びなさい なぜなら大人になると遊ぶ時間がなくなるから 若い人よ、旅に出なさい なぜなら大人になると旅をする時間もなくなってしまうから そんな大人の言うことより 『大人サイコー!!ヒャッホーウ!!』 という大人の言葉に耳を傾けなさい その方が成功に近い

◆『男性』への助言

男性はパートナーに「可愛い・好きだよ・愛してる」と頻繁に発することで、「俺はこんなに可愛くて愛すべき人と一緒にいるんだぁ…幸せ者だなぁ…」って実感が湧いてきてますます愛おしくなるんですよ。可愛い可愛い言ってると本当に女性は可愛くなっていくから、ガチで一石十鳥ぐらいのメリットがある

1 2

関連まとめ





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。