1. まとめトップ

子供の才能が開花する!? 脳力アップの気になるメリット

子供の脳トレについてまとめてみました。脳トレの効果、どんなことが脳トレに適しているのかをご紹介します。幼児教育の参考にしてみてください。

更新日: 2017年09月12日

9 お気に入り 7841 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

osccpwozさん

赤ちゃんの驚くべき脳力

まだ幼児のうちは何もわからないだろうと思われがちですが、実はそうではありません。
最近の研究では予想以上にさまざまな知識を持ち、驚くべきスピードで学んでいることが明らかになりました。

最近の研究から,子どもは予想以上にさまざまな知識を持ち,科学者のような方法を使って周りの世界について学んでいることが明らかになってきた。

赤ちゃんや幼児の話の内容ではなく行動に注目すれば,彼らの考えを知ることができる。例えば,赤ちゃんは奇抜で予想外の出来事を長く見つめるので,そこから赤ちゃんが何を予測していたのかがわかる。さらに,何に手を伸ばし這って近づこうとするのか,周りの人々をどのように真似るのかを観察すれば,より強力な証拠になる。

早期教育の効果とは

「3歳ころまでに脳に与えられる刺激が脳に大きく影響する」と言われている通り、教育を始める時期が早ければ早いほど脳力の高い子供になるらしいのです。

3歳頃までに脳に与えられる刺激が脳の働きに大きく影響すると言われています。さらに2歳よりも1歳、1歳より0歳、0歳より胎児というように教育を始める時期が早ければ早い程、天才児になる確率は高くなっていきます。

乳幼児期における脳への刺激が脳の働きに大きく影響

0歳から3歳までは右脳が優位に働き、3歳以降は左脳が優位になるので、右脳が発達する早い時期に適切な右脳教育が必要です。

適切な時期に適切な右脳教育を

どんな脳トレが効果的?

日本の昔ながらの遊びである折り紙ですが、実は脳トレに効果的です。
手先細かく動かすことが脳への刺激になると言われています。さらに、集中力の向上にもなるのです。

折り紙は、作る過程で手先を細かく動かす必要があるため、手の発達を促してくれます。そして、手の発達は、脳にも良い刺激を与えるため、脳の発達にも大きく影響するのです。

色とりどりの折り紙を使うことによって、豊かな色彩感覚が養われ、さらには何もない一枚の紙から物を生み出すことで創造力が培われます。

脳科学者たちからも効果的と言われているのが、ピアノです。
リズミカルに指先を動かす行為、楽譜の読解力などの多くのことが脳への刺激となります。

ピアノを弾くのは、実は非常に難易度の高い行為です。読んだ楽譜を短時間記憶して指先で弾きつつ、その先の楽譜を先読みする……しかも右手と左手は異なる動きで、足ではペダルを踏む必要もあります。

様々な動作を同時に行う

右脳と左脳の連携が強まったり記憶力がアップしたりと、勉強にも良い影響を与えると言われているのです。また小さな頃から「音」に親しむことで、音感が身につくという効果もあります。

一説には、母国語以外の言語も話せる子供は判断力や記憶力や注意力などが高いと言われています。

英語を学んでいく上で日本とは違う文化や考え方に親しむことができ、子たちにとってはいろんな意味で良い刺激になります。

第2言語を覚えた子どもは年齢が低ければ低いほど、さらにその習熟度が高ければ高いほど良いそうで、バイリンガルの人は母国語のみを話す人よりも、判断力や記憶力や注意力などが優れているということも言われています。

塾での脳トレとは

子供の脳力トレーニングに着目した塾も増え、一般的な学力の向上にも脳トレを取り入れています。

人間の脳には140億もの神経細胞があります。
しかし、私たちはその3%しか使っていないと言われています。
脳を今以上に使うことができれば、おのずと学力も上がります。

1