1. まとめトップ

国連安保理 新たな北朝鮮制裁決議を全会一致で採択

北朝鮮制裁決議を全会一致で採択

更新日: 2017年09月12日

0 お気に入り 2276 view
お気に入り追加

「燃料と資金断つ」 全会一致で採択

核実験を強行した北朝鮮に対して国連の安全保障理事会は新たな制裁決議を採択し、アメリカの国連大使は核・ミサイル開発を断念するよう呼びかけましたが、これまで制裁決議を無視してきた北朝鮮の今後の出方が焦点です。

北朝鮮が今月3日に6回目の核実験を強行したことを受けて、国連の安保理では日本時間の12日午前7時すぎ新たな制裁決議が全会一致で採択されました。

新たな決議では、注目されていた北朝鮮への原油の禁輸などは除外されたものの、

朝鮮からの繊維製品の輸入禁止や、北朝鮮の出稼ぎ労働者に各国が新規に就労許可を与えることを禁じることが盛り込まれ、制裁の対象が広げられました。

石炭や鉛、海産物の輸出禁止

厳しい制裁に慎重な姿勢を示してきた中国やロシアも賛成に回った。

米国がまとめた制裁決議案には、石炭や鉛、海産物の輸出禁止が含まれる。

制裁としてはこれまでで最も厳しいもの

ヘイリー米国連大使は採決後に同理事会で、「新たな危うい情勢に対応してわれわれは行動している。これらは北朝鮮への制裁としてはこれまでで最も厳しいものだ」と発言。

必要なら、米国は引き続き北朝鮮の核開発阻止のために単独で行動する用意があると述べた。

北朝鮮、国連決議に対する反応

北朝鮮はまだ、国連決議に対する反応を示していない。韓国は12日、北朝鮮は依然として技術的に核実験を実施する準備ができている状態だと指摘した。

韓国の李洛淵首相は同日、最終的には対話のみが解決策であるものの、今はまだ北朝鮮との対話の時期ではないとの見解を示した。

拒否権を持つ常任理事国であるロシアと中国の説得に成功したことは米国の勝利と言える。

しかし、当初目指していた石油禁輸と金正恩朝鮮労働党委員長の資産凍結の除外を余儀なくされた。また今回の制裁強化が北朝鮮に核プログラム停止と交渉再開を促す可能性は低い。

安保理による北朝鮮への制裁決議は9回目

ドナルド・トランプ米大統領は今月、北朝鮮と経済的取引をするすべての国との貿易を停止すると警告した。

国連が8月に採択した経済制裁には、石炭を含む北朝鮮からの輸出品の禁止が盛り込まれた。禁輸対象の規模は10億ドル(約1090億円)で、同国の輸出のおよそ3分の1を占める。

北朝鮮は、国連安保理決議によって、すべての核・ミサイル開発が禁じられている。

安保理常任理事国があちこちで狼藉をはたらいているのに #国連 はロシアのクリミア侵攻・併合や中国の南沙諸島・西沙諸島での無法・蛮行を徹底非難もせずに北朝鮮の制裁とか滑稽。拒否権の廃止もしくは国連解体ヨロシクです。日本が『敵国』のままなのを知っているのか? #tbs #ひるおび

1





おもしろい記事まとめたい人類系

情報提供大歓迎

臭いものには蓋をしないでくださいおねがいします