1. まとめトップ

2017年9月24日堺市長選挙公開討論会。永藤英機vs竹山修身。(わりと中立め)

2017年9月24日投開票の堺市長選挙は、今後の大阪の政治、日本の政治を左右すると言っても過言ではありません。維新の新人、大阪府議を2期務めた永藤さんと、自民・日ころ推薦、共産党が自主支援する現職竹山さんの一騎打ち。9月7日に行われた2人の公開討論会の様子をわりと中立めにまとめました。

更新日: 2017年09月17日

saitokakusanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 2415 view
お気に入り追加

2017 堺市長選挙公開討論会 9/7維新の新人永藤さんと現職竹山さんがディベート形式で4つのテーマについて直接対決。 最初のテーマは海外からのインバウンドについて ガイダンス施設の必要性、大阪府大阪市との協力のあり方が論点。 youtube.com/watch?v=fDOZDP…

堺市長選挙公開討論会2つ目のテーマは、堺の高齢化問題 泉北ニュータウンの再生、近代病院の迎え方等を中心に議論。 行政の役割やあり方、先進技術に対するお二人の考え方の相違がそれぞれの主張に分かりやすく表れています。 #堺市長選挙 youtu.be/LLGFPl8KQK4

3つ目のテーマは、子育て政策 8年間の実績(3人目保育料無料)と再任後の政策(2人目0歳から無料)を訴える現職竹山さん 1人目から幼児教育無償化(4,5歳児)、中学生への塾代クーポン、全員喫食中学給食等を訴える維新新人永藤さん youtu.be/f2Viwu-Wnh4

最後4つ目のテーマは、広域行政のあり方 両氏共最終的に道州制へ向かうべき点は一致。 永藤さんは任期中は政令市の仕組で、観光、消防、上下水道を大きな視野で取組む考え。 竹山さんは消防と水道の統合は都構想だと批判。 #堺市長選挙 youtu.be/xaAX7C2JrgU

(動画はありませんが)竹山おさみさんの最後の訴え
市長就任以来2期8年の市民目線、現場主義。子育て、歴史文化、ものづくり。成果は枚挙に暇がない。昭和36年、河盛安之介市長は政令指定都市を目指し100万都市構想を掲げた。45年の先人の思い大事に。堺は自らの街作りする権能、堺を無くすことなく頑張る。

公開討論会、永藤ひできさん最後の訴え 堺には多くの課題。人口減り続けてる。行政が挑戦しなければ今の住民サービス維持すら出来ない。堺が持つ可能性を最大限発揮し停滞衰退ではなく成長する堺を皆さんと一緒に作っていきたい。 #堺市長選挙 youtu.be/obTAgEQnxQE

河盛安之介市長の言葉 「堺市は大阪市という大都市と隣接。災もあるけれど幸も多くある。大阪市とは共存共栄せねばならない」 小さな視野でなく大きな視野で堺の為に全身全霊尽くし皆さんと共にこれからの夢と希望が持てる堺の未来を作っていきたい。堺は必ず変わることができる。 #堺市長選挙

メディアが報じる堺市長選挙 両候補者の主張

1