1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ついに発表!3分でわかる「iPhone X」「iPhone 8/8 Plus」の特徴

米Apple(アップル)は12日、米カリフォルニア州クパチーノの新本社で新製品発表会を開き、AppleがiPhoneの新モデル、iPhone 8シリーズとiPhone Xを発表しました。

更新日: 2017年09月13日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
199 お気に入り 852234 view
お気に入り追加

●米Appleが「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を発表

iPhone 8は現行モデル・iPhone 7の後継で、順当に細部が強化されたマイナーチェンジ製品。

36の新しい魅力を8秒で。あなたは全部見れた?タップで一時停止できます。iPhone 8とiPhone 8 Plusについてさらに詳しく:apple.co/2fgIje4 pic.twitter.com/HB873aXZhE

●「iPhone X(テン)」の特徴

【最上位モデル】「iPhoneX」正式発表、3D顔認証機能「Face ID」など搭載 news.livedoor.com/article/detail… 10月27日から予約受付、発売は11月3日。米国での価格は999ドルから。 pic.twitter.com/vntaUwkLqm

iPhone XはiPhone 8とiPhone 8 Plusと同じ、新しいデザインを採用

ティム・クックCEOは発表会で新モデルの名前を「テン」と明かした。

日本人には馴染みがないが、欧米では10といえば、10点満点の10点、すなわち最高、至高を意味する。

カラーはシルバーとスペースグレイ、前モデル同様の防塵&防水仕様

・対応するビデオ再生フォーマット

対応するビデオ再生フォーマットはHEVC、H.264、MPEG-4 Part 2、Motion JPEG。さらにHDRにも対応

・2,436×1,125解像度のSuper Retinaディスプレを搭載

フロント全面を覆う5.8インチ、2,436×1,125解像度のSuper Retinaディスプレイ(OLEDディスプレイ)を搭載。

前面と背面はガラス製、フレームは医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール製で、耐水性能と防塵性能も備えています。

アプリケーションプロセッサは6コアで新型の「A11 Bionic」チップとなる。

・さらに、新開発の6コア「A11 Bionic」を搭載

機械学習用のニューラルエンジンと組み込み型M11モーションコプロセッサも組み込んでいる。

・「Touch ID」に代えて、新たに顔認証「Face ID」を採用

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。