1. まとめトップ

iPhone Xと8/8plusの違いまとめ!どれを買うべきか比較した

今回発表されたiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xですが、大きさ・スペック・価格などから、その違いを比較してみ ました。

更新日: 2017年09月22日

7 お気に入り 48863 view
お気に入り追加

2017年最新版のiPhoneの発売が発表された

サンフランシスコ(CNNMoney) 米アップルは12日、カリフォルニア州クパティーノの新社屋で発表会を開き、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の登場から10年を記念する新モデル「iPhone X(テン)」を披露した。

なんと2017年は以下の3モデル同時発表です。

 iPhone X
 iPhone 8 Plus
 iPhone 8

3モデルも同時発売だとどれを買っていいか悩むところですよね。

iPhone Xと8/8plusのカラーについて

iPhone 8/8 Plusはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開となっています。

iPhone Xと8/8plusのサイズとデザイン

iPhone X
  :H143.6mm x W70.9mm x 7.7mm
   重量:174g

 iPhone 8 Plus
  :H158.4mm x W78.1mm x 7.5mm
   重量:202g

 iPhone 8
  :H138.4mm x W67.3mm x 7.3mm
   重量:148g

iPhone Xの最大の特徴は、物理的なホームボタンを取り除き、全面をスクリーンにしたこと。画面下部を指ではじくとホーム画面に戻れるようになっています。

また有機ELディスプレイを採用したので、ディスプレイ周囲のベゼル幅がいちじるしく狭くなっています。

iPhone Xはホームボタンをなくして画面のスペースを拡大し、前面と背面にガラスを採用。フレームは医療用と同じグレードのステンレススチール製で、耐水性能と防塵性能を備える。専用の充電器の上に置くだけで充電できる無線充電にも対応した。

一方、iPhone 8/8 Plusは、前面と背面にガラスが採用されています。

デザイン的にはiPhone Xほどのインパクトのある変更はありませんが、日常に受け入れやすい安定感のあるデザインとなっていますね。

iPhone Xと8/8plusのディスプレイ

iPhone X
  :5.8インチ(Super Retina HDディスプレイ)
 
 iPhone 8 Plus
  :5.5インチ(Retina HDディスプレイ)

 iPhone 8
  :4.7インチ(Retina HDディスプレイ)

アップルが「スーパーRetinaディスプレイ」と呼ぶ5.8インチのOLED(有機EL)ディスプレーは、1インチ当たり458ピクセル(ppi)の解像度を実現。次世代高画質技術のHDRに対応し、色彩精度を向上させている。

iPhone XだけがSuper Retina HDディスプレイを採用しています。

オールスクリーンの有機ELディスプレイです。

解像度は2,436 x 1,125ピクセルと飛び抜けています。

iPhone Xと8/8plusのカメラについて

前面と背面に搭載した12メガピクセルのカメラは、画像の安定化に力を入れた。前面のカメラに加わったポートレートモードは、自撮り写真を革新させるとアップル幹部は強調している。

iPhone XにはiPhone 8に搭載されていない望遠レンズやデュアル光学式手ぶれ補正、最大10倍のデジタルズーム機能などが搭載されています。

また、一眼レフのように背景がぼかせる「ポートレートモード」もiPhone 8には搭載されずiPhone Xには搭載されています。

カメラにこだわりがある方はiPhone Xがいいですね。

iPhone Xと8/8plusのセキュア認証について

顔認証の方が指紋認証に比べて安全性が高いとアップルは説明する。他人のiPhoneにログインできてしまう確率は、指紋認証では5万分の1だったのに対し、顔認証では100万分の1になるという。

iPhone X
  :Face ID
 
 iPhone 8 Plus
  :Touch ID

 iPhone 8
  :Touch ID

iPhone 8には顔を認証してロックを解除する新機能「Face ID」が搭載されています。

1 2





いつもいいねしてくれて、ありがとう!
ネットで話題のことをまとめています。