1. まとめトップ

モラハラやDVの危険性が高い!結婚後、態度が豹変する男性の特徴

つき合って交際中は優しく、良い人なイメージを女性に与えておきながら、いざ結婚すると今までが猫を被っていたかのごとく、態度を豹変する男性は少なくないようです。そのギャップに怖さを実感しますが、そんな男性からモラハラ、DVと被害を受ける可能性が高いので、後悔しいためにも特徴は把握したいものです。

更新日: 2017年09月13日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 9954 view
お気に入り追加

■結婚後見えてきた本当の男性の姿

彼のことはすべて知っていると思って、結婚すると、結婚前には見えなかった人格が見えてきた、ということはよくあるものです。

・ガンガンアプローチしてくる

あなたの気持ちを無視してガンガンアプローチする男子のことを、「情熱的で男らしい!」と思うかもしれません。ですが、相手の気持ちも考えずただただ押しまくる男子はエゴイスト。釣った魚にエサをやらない男子はこのタイプです。
付き合った途端に連絡が少なくなり、デート代もかなりケチられるようになった、彼の押しに負けて結婚したら亭主関白に……ということもありえます。
結婚には勢いも大事ですが、勢いのまま相手の中身をそこまで知らずに結婚するのは危険かもしれません。

・一人暮らしや同棲の経験がない

結婚後に豹変する男性は、結婚前に一人暮らしや同棲の経験がない、という特徴があります。

そのため、結婚後、妻のことがいくら好きでも、少なからず新しい生活環境にストレスを感じてしまい豹変することがあります。

結婚後、妻が主婦でない限り、男性も慣れない家事をしたり、生活のためにお金を管理したり、お金を貯金したりしなければいけません。

けれど一人暮らしや同棲経験がないと、そのようなことが最初はスムーズにできず、男性は思わず妻に対してキレてしまったり、暴力を振ってしまったり、と豹変してしまうことがあります。

結婚前に、短期間でもいいからお試し同棲をしてみて、彼に結婚生活を想像させるように心がけると良いかもしれません。

・母親が何でもやってくれていた

結婚した後に豹変する男性は、結婚するまで彼のすべてを母親が何でもやってくれていた、という特徴もあります。

母親が料理、洗濯、掃除をしてあげていただけでも充分ですが、携帯代の支払いなどのお金の管理、洋服などの買い物、お歳暮や年賀状の準備などすべてです。

男性はただ会社に行ったり、彼女とのデートを楽しんだりしていれば良かった生活から、結婚を機に、奥さんと二人三脚で何でもやらなければいけなくなります。

当然、母親と比べて妻の家事に満足できない、自分のことを何にもしてくれない、その状況にイライラしたり、腹を立てやすくなったりします。

付き合っていたころは温厚で優しかった彼の機嫌が結婚してからずっと悪い、暴力を振るようになった、など酷く豹変することも考えられるので気を付けましょう。

出典結婚すると豹変する男性を見極める方法

・社会の中で地位が低い

普段、会社の中で地位が低く、上司によく怒られている、生まれていてからずっと貧乏な生活を送っているなど、社会の中で地位が低い男性も、結婚後豹変することがよくあります。

結婚前は、彼の控えめで出しゃばらない性格が好き、素朴な生活をしていても幸せそうなところが合う、と思っていた女性も多いでしょう。

けれど男性は、周りが思っている以上に、自分の地位のせいで傷ついて、虐げられてきた経験があります。

そのため、小さな社会とも言える家庭、夫婦間の中では、高い地位に立とうとします。

けれど暴力や暴言を使い、妻や子供を怯えさせる、という方法に頼ってしまうことはよくあります。

・付き合うまでロマンチスト

計算高いエスコートにうっとりする女子も多いでしょう。彼はあなたを喜ばせているのではなく、「こんなロマンチックなことをして女子を喜ばせられる俺ってかっこいい……」と思っているナルシストの場合は、結婚後豹変しますよ。結局かわいいのはあなたではなく自分自身なのです。

口説き落とすまではロマンチックなエスコートをして、付き合った途端にロマンチックなエスコートが明らかにに少なくなった……というのなら、結婚後は豹変することでしょう。確実に自分の女になったと思ったら、彼ら的にはゲーム終了なのです。

・欲求を満たさないと満足できないタイプ

あなたと付き合って、あなたとのデートのために時間をつくってくれているけど、本当は多趣味で自分の趣味の時間を我慢している……という場合、結婚後趣味に思いっきり走る可能性大です。

結婚して関係も落ち着いてしまえばそう簡単に別れることもないので、男子も今まで我慢していたぶん、趣味に時間を使うことも。筆者の周囲でも結婚後、それまで我慢していたギャンブルを久々にして、またはまり出す、という困った男子や、結婚して良いパパになったと思ったのに、またキャバクラにはまり出すという男子も。結局、結婚のために我慢していたものは、後から爆発しやすいようです。

・経済観念まるでなし

結婚をしたというのに、将来設計など無特着、いつまでも独身貴族の気分が抜けず、趣味や遊びにお金をつぎ込む男性には、独身時代からお金の使い方にその傾向がはっきりと表れています。人づき合いが良すぎる、自分の好きな物に対してお金に糸目をつけず、無計画な買い物をするようであれば、その浪費グセは結婚してからも続くでしょう。

もし彼にそのような傾向が見られたら、結婚前にお金の話をきちんとしておくべきです。将来に向けてのライフシュミレーションを作成し、自由に使えるお金はどれくらいか、具体的に数字を示した上で、彼にしっかりと理解させる必要があります。

金銭感覚の違いから離婚に至る確率は高いので、結婚後の家計はあなたが握るように、彼に了解を求めておくといいです。

・浮気は男の甲斐性と考えている

女友達が多く、女性に対して金払いが良く、服装に人一倍気を使い、話術も豊富でとてもマメという男性は結婚後もモテモテです。もし交際中に他の女性の影が見え隠れしていたなら、結婚後も浮気をする可能性は高いです。まして交際中に浮気をされ、それを一度でも許してしまえば、ちょっとくらい浮気をしても許してくれると思い込んで再度浮気を繰り返します。

そのため、もし交際中に浮気が発覚したら、絶対に許してはいけません。浮気性の男性は、結婚をしたからといってすぐに直るものではありませんから、むしろ結婚前にわかってよかったくらいに思うべきです。

・レストランなどのサービス業の人に横柄

「こんな男性はイヤ」と思う男性の特徴として、レストランなどお店の店員さんに対して横柄な態度やエラそうな言動、言葉遣いをする男性、とよく言われていますね。そういった男性は結婚後にも注意が必要です。

レストラン、ショップ、タクシーなどサービス業の店員さんは、お客様には頭を下げなければならない立場です。そういった立場の人に、横柄だというのは、「自分はお金を払ってやっているお客なのだから、偉くて当たり前、何を言ってもいい」と思っている男性です。

そういった男性は結婚したら、今度は妻や子どもに対しても「俺が稼いでやっているから、生活ができるのだ、自分は偉いんだぞ」という態度になる可能性が高いです。ケンカになれば「誰のおかげで食べていけると思ってるんだ!」と言われるかもしれません。

1 2





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど