1. まとめトップ

【マツコの知らない世界で紹介】紅葉×鉄道旅行のおすすめ列車4選

この秋は電車に乗って旅に出かけたい!紅葉の絶景やおいしい駅弁など、数々の名所・名物に出会える各地の鉄道路線の魅力をまとめました。(9/12 マツコの知らない世界で紹介された情報も掲載してます♪)

更新日: 2017年09月14日

2 お気に入り 4568 view
お気に入り追加

黒部峡谷鉄道

トロッコ電車に乗って片道1時間20分の大自然の旅ができる鉄道です。春の新緑、夏の清流、秋の紅葉といった四季折々の見所が満載。いくつもの橋やトンネルを抜けながら大自然を駆け抜けます。

こんな気持ちの良い景色が、開放的な座席から楽しめます。一度体験したらハマってしまいそう。黒薙川、鐘釣温泉、錦繍関など絶景スポットが沿線にたくさんあるそうです。
さらに、期間限定で【夜のトロッコ列車】の運行も。

1年のうちで今だけ、2017年9月22日(金)・23日(土/祝日)・24日(日)・30日(土)・10月1日(日)の5日間だけ、通常の終電時刻後に特別にトロッコ電車を運行するというのです!しかも体験できるのは1日60名、5日間で300名だけ!
その名も「星空トロッコ」。星空観測のための特別ツアーとして開催されます。

現在、9月分は定員に達したため受付を締め切ったようです。。ラスト、10月の予約を急げ!

JR小海線

JR小海線は小淵沢駅(山梨県北杜市)から小諸駅(長野県小諸市)までを結ぶ、全長78.9 kmの東日本旅客鉄道の鉄道です。
 八ヶ岳の麓、標高1000mを超える野辺山高原を走り、清里駅─野辺山駅間には標高1375 mのJR鉄道最高地点があります。野辺山駅はすべてのJRの駅で最高の標高にあり(1345.6m)、あわせて9駅がJR駅標高のTOP10に入っています。

こちらが、標高日本一の野辺山駅。

かわいい二両編成の列車です。

野辺山・平沢峠の紅葉。

「八ヶ岳高原線」の愛称で、鉄道ファンや観光客、そして地元の人々に親しまれている小海線。
景色と一緒に楽しみたいのが、始発・小淵沢駅の「駅弁」! ぜひ購入してから電車に乗り込みましょう。ご当地の食材が味わえて、種類も豊富です。

「元気甲斐」栗おこわとたっぷりのおかずが嬉しい

「うまい甲斐」甘辛く煮た桜肉(馬肉)がどっさり

「高原野菜とカツの弁当」マツコさんも絶賛のサクサクのチキンカツ、新鮮なお野菜!

JR土讃線

香川県の多度津から高知県の窪川に至る、JR四国の土讃(どさん)線。中でも、徳島県三好市の吉野川上流を走る大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)エリアは、長い時間をかけて自然に形作られた雄大な渓谷美と紅葉が楽しめるビュースポットです。平成27年に国指定の名勝になり、国内外から多くの観光客が訪れています。

大歩危渓谷の紅葉

ここ土讃線で2017年に運行を開始した観光列車が、香川県の多度津駅を発車し、大歩危に至る「四国まんなか千年ものがたり」。
車窓から楽しめる絶景はもちろんですが、四季を表したカラーの車体、地場の木材を使った上質な内装、ここでしか楽しめない食事などが評判です。

住民のいない、山中の秘境駅「坪尻駅」

少し足をのばして…紅葉の名所「かずら橋」

嵯峨野観光鉄道 トロッコ

数多くの紅葉の名所がある京都で、大人気の「嵯峨野トロッコ列車」。ゴトゴトとゆっくり走るレトロな車両から美しい景色が楽しめます。

1 2





local_is_colorfulさん

47都道府県、ローカルにまつわる話題を中心に集めています。
グルメ/レシピ/旅/体験/お買いもの/イベント/豆知識 などなど*