1. まとめトップ

【打倒クローム】重いFireFoxを軽くする方法2017

FireFoxを軽くする方法をまとめました。これでGoogle Chromeに勝る本来の能力を引き出しましょう。

更新日: 2017年11月17日

nagatorailさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1839 view
お気に入り追加

ChromeよりもFireFox!

Google Chromeはもっともポピュラーでおそらくもっとも軽いブラウザだ。それでも機能は(色々いじれば)FireFoxが上。

①基本設定を変える

゛「オプション」-「一般」-「ブラウズ」でいらない項目はチェックを外す。”

゛「オプション」-「プライバシーとセキュリティ」-「FireFoxのデータ収集と利用について」で協力したくなければチェックを外す。”

③クラッシュリカバリー機能の調整(効果大)

簡単に言うと開いているページをメモリーに保存する回数を減らすということ。デフォルトではクラッシュに備えかなりの高頻度でページの保存が行われるため、設定変更での効果は大きい。

Firefoxは、クラッシュしても次の起動時にクラッシュ前の状態が再現できる様に、開いているタブの情報を定期的に保存(記録)しています。

その保存間隔は初期状態で10秒になっています。
僕の場合、タブを大量に開いてたので、保存に要する時間が長かったんです。

②http2関連の設定

どうもFirefoxの「HTTP/2」プロトコル実装にバグがあるらしく、JavaScriptを多用しているページや動画読み込みなどで多量のアクセスを行っていると極端に重くなる場合があります。

③speedyfoxの導入

これはFireFox関連のデータの最適化を行うソフト。無料でかつ軽量である。

SpeedyFoxは、肥大化したり、断片化したプロファイル(ユーザー設定やパスワードなど)を最適化し、ブラウザを軽量化するソフトです。

④about:configを徹底的にいじる

⑤アドオンの導入

○元に戻したいときは

やっぱりほかのブラウザがいい…という方へ

1





nagatorailさん