1. まとめトップ

『トランプ大統領』お孫さん誕生 一家は荒波を乗り越えられるのか?

次男、エリック・トランプ氏に男の子誕生。そんな中、メラニア夫人が『不仲』を示唆するツイートに、『いいね!』したと話題に。何かと批判される一家ですが、夫婦仲はともかく、母親は違っても息子や娘達は仲がよく、団結力を見せているようで、人々への対応も待たれます。

更新日: 2017年09月14日

nonoichigoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 3522 view
お気に入り追加

▼『ドナルド・トランプ大統領』、9人の孫のおじいちゃんに

エリック・トランプ氏とラーラ夫人に今週火曜日(9月12日)、
男の子が誕生した。

▼トランプ家は『子だくさん・孫もたくさん』 子供同士は仲良し

トランプ氏はこれまで、イヴァナさん、マーラ・メープルズさん、
メラニアさんと3回の結婚をしています。

3回の結婚でもうけた子供は5人。1回目のイヴァナさんとの結婚で3人、2回目のマーラさんと1人、現在のメラニアさんとの間にバロン君1人。

▼『批判殺到』の一家 トランプさんに意見出来そうな人はいるの?

● 夫人が『不仲』を示唆するツイートに『いいね!』したと、話題に

話題になったのは、1月に開催された大統領就任式のメラニア夫人の
表情だ。夫人は前に立つ大統領が振り返ると、満面の笑みを見せた。
しかし夫が前を向いた途端に表情を曇らせ、不愉快そうな表情で
うつむくのだ。

なんと当のメラニア夫人のツイッターアカウントがこの映像に
ついて「いいね」のボタンを押している。

ちなみにこのツイートには、以下のようなトランプ氏のアンチに
よるキャプションが添えられていた。「トランプ氏が作った壁は、
妻との間の壁だけのようだ。」

(他にも不仲が囁かれた)きっかけとなったビデオが、メラニア
夫人が「主の祈り」を暗唱しているときのもの。

トランプ氏が彼女の腕に触れた際、メラニア夫人が一瞬身震いする
ような嫌がる反応をしているように見える。

▼イヴァンカ 夫妻 『夫婦で団結』して意見出来そうだけど...

夫婦仲の本当のところは当事者にしかわかりませんが、傍から見て
いる限りでは、夫婦仲はいいようですね!

夫のクシュナー氏はユダヤ教徒なので、イヴァンカ氏が結婚する
前にユダヤ教に改宗したそうです。

▼『批判』はハリケーンの名前にまで 『人々への対応』が待たれます

『Women Who Work: Rewriting the Rules for
Success (働く女性たち:成功へのルールを
書き換える)』

米大統領の長女、イヴァンカ・トランプ(Ivanka
Trump)氏が書いた働く女性のための自己啓発本が
(5月)2日、 発売された。しかし、3人の子を
持つ大富豪で自らは大統領補佐官を務め、大統領
上級顧問のジャレッド・クシュナー(Jared
Kushner)氏を夫に持つイヴァンカ氏の本に
ついて、米国の多くの庶民にはほとんど役に
立たないとして専門家などから早速批判を浴びて
いる。
- grape より

よく、見て下さいね。
働く女性たちの下に、
『お金持ちのダディ』のために
との文字が。

● ハリケーン『イルマ』の名前をイヴァンカに変えるよう署名運動が

署名運動が起きているのは、地球保護や、人権問題などに関する
著名運動を行う米ウェブサイト「care2 PETITIONS」。

米テキサス州を直撃して甚大な被害をもたらした、大型ハリケーン『ハービー』からの回復もままならない中、超大型ハリケーン「イルマ」が米フロリダ州を直撃した。地球温暖化による異常気象は、世界各国で起きている。

(パリ)協定に対して、大統領は「温室効果ガス多排出国である
中国やロシア、インドが貢献していないのに、米国が多大な出資を
行うのは不公平だ」と主張して、離脱を表明。

そして彼女は、父である大統領の考えを改めるよう説得を試みる
との意を示していたようなのだが……最終的には大統領の意志を
黙認する形に終わってしまった。

その結果、パリ協定の参加国だけではなく、米国内からも大きな批判の声が挙がることとなった。

1





nonoichigoさん

私のページに目を留めて下さって、ありがとうございます。よろしければ『Twitter』での応援、出来ればポチッと『いいね』ボタンも押して下さると、本当に本当に、大きな励ましになります。感謝を込めて♡