1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

綺麗なだけじゃない!…ラウドな『ガールズ・メタル・バンド』5選

嬢メタルとも呼ばれる、国内のガールズ・メタル界の頂点に君臨し、今月新作をリリースするバンド『ALDIOUS』をはじめ、5組のバンドをまとめてみました。

更新日: 2017年11月05日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
52 お気に入り 19342 view
お気に入り追加

国内ガールズ・メタル界の頂点

(アルディアス)

Re:NO(vo)
Yoshi(g)
トキ(g)
サワ(b)
Marina(ds)

2008年6月に大阪で結成し、2010年7月にシングル・デビューし、同年10月にフル・アルバム『Deep Exceed』を発表。

バンド名は“Ultimate Melodious(究極の旋律)”を略した造語に由来。

様式美を感じさせるメタルサウンドを軸としつつも、ジャンルにとらわれることなく、メロディアスかつポップな要素を取り入れた独自の音楽性で幅広い層に支持される彼女たち。

"Summer Sonic Shanghai 2017""LOUD PARK 17"などの大型フェスにも出演し、日本を代表するガールズ・ヘヴィ・メタル・バンドとして頂点に君臨し続けている

壮大なイントロに導かれて駆け出す“Utopia”やスラッシーな“IN THIS WORLD”、クラップ交りのポップな“Without You”など、これまでの音楽性をさらに磨き上げた12曲を収録。

限界を取り払うかのように、様々な音楽性を内包し、狭いジャンルにはこだわらない姿勢を明確化した、バンドにとってのマイルストーンとも言える1枚。

これまで以上にハードな楽曲やアコースティックギター2本だけの楽曲など振り幅の広い内容となっているという。

ガールズ・メタル・シーンの新女王

(メアリーズ・ブラッド)

EYE(vo)
SAKI(g)
RIO(b)
MARI(ds)

2012年9月より現メンバーで活動を開始。同年11月に1stミニアルバム『SCARLET』をリリース。

バンド名はカルテルの“ブラッディ・マリー”に由来。

2014年8月にアルバム『Countdown to Evolution』でメジャーへ進出。

精力的にライヴ活動を展開するほか、マーティ・フリードマン、ドラゴンフォースなどのサポートアクトを務めるなど海外からの注目も高い。

スラッシーな冒頭からメロディアスなソロを交えた展開で魅了し、ルーク篁や五十嵐美貴(SHOW-YA)の客演、BABYMETALで知られるゆよゆっぺの起用など、柔軟にしてブレのない作りが爽快。

Mary’s Blood / Counter Strike (You Tube Ver.)

最近のヘビロテアルバム。 Mary's Blood マジでカッコいい! 一曲目のCounter Strikeとか聴いてて、気分がスカッとする!痛快! Sakiちゃんのリフがカッコいいのよまた! pic.twitter.com/HOmGmcwbeD

卓越した演奏テクニックが魅力

(シンティア)

SAKI(vo)
YUI(g,vo)
AYANO(key,vo)
AZU(b,vo)

2011年秋に東京で結成され、2012年にアルバム「Endress World」がいきなりオリコン・デイリー・アルバム・ランキング22位にランクインした、ガールズ・メタルバンド 。

1 2 3





ラガモさん