1. まとめトップ

【落花生の皮】

落花生の殻を臭いある場所に置くだけで消臭可能。

殻は細かく砕いておくとより消臭能力が上がります。

【マッチで消臭する】

■硫化水素が火で燃える。
■アンモニアが火で燃える。
など色々な説があります。

トイレでマッチをすると便やおならの臭いは消える。

トイレでマッチを擦りにおいを消すのは世界中にあるテクニック。

「注意点」

■火災報知器が付いているトイレではやらない。
■火事に気を付ける。

【ドクダミで消臭する】

けっこうポピュラーな消臭方法です。
■消臭効果がけっこう高い。
■生ゴミ箱の上に置くと臭いがあまりしなくなる。

【コーヒー豆で消臭する】

「なぜ消臭できる?」
コーヒー豆には活性炭のような目に見えない小さな穴がいっぱいあいています。そこに臭い物質が吸着されて消臭できます。

「コーヒー豆の消臭メリット」

■消臭剤にも負けない消臭効果がある。
■コーヒー豆のいい香りが広まる。

コーヒー豆は、水切りして使えます。

使い終わったコーヒー豆はかるく水を切ってそのまま使えます。場所は、部屋、トイレ、玄関に置くだけで消臭できる。

コーヒー豆は、乾燥させて使うと腐りにくい。

■コーヒー豆は一般的にカビやすい。
「乾燥させ方」
飲み終わったコーヒー豆を「日干し」または「電子レンジ」または「フライパンで炒める」いずれかを行い水分を取ります。

「消臭できる場所は?」

■生ゴミに掛ける。
■トイレに置く。
■冷蔵庫に置く。
■下駄箱に置く。
■玄関に置く。
■靴に入れる。
■居間に置く。
■車内に置く。
■枕元に置く。
など臭う場所では何処でも効果があります。

お風呂にコーヒー豆を入れる。

「メリット」
■コーヒー豆はストッキングに入れる。
■コーヒーの香りでアロマ効果がある。
■コーヒー豆は抗菌作用がある。
■コーヒー風呂は日本各地にあります。
「デメリット」
■タオルがコーヒー色になる場合がある。

【緑茶やウーロン茶の茶殻で消臭する】

緑茶やウーロン茶は、カテキンが入っている。カテキンには消臭効果があると言われています。

緑茶は口臭予防もできる。

緑茶に含まれているカテキンによって口臭予防できると言われます。

緑茶や烏龍茶の茶殻は消臭効果がある。

「メリット」
■お茶の香りが広まる&消臭効果があります。
■緑茶はカテキンが含有しており抗菌消毒作用、消臭作用があります。

しめった緑茶の茶殻を、部屋にばらまいて放置。

しめった茶殻を部屋にばらまく。その後、消臭できた頃あいを見計らって掃除すると臭いもゴミも取れます。

「茶殻の使い方」

■「お茶っ葉」は痛みやすいので一般的に乾燥させて使う。
■お茶っ葉を「日干し」「電子レンジ」「フライパンで炒める」のいずれかで水分を取る。(乾燥させて茶葉を腐りにくくします)
■あとはお皿に盛り臭いのある場所に置くだけです。

「消臭する場所」

■生ゴミに掛ける。
■トイレに置く。
■冷蔵庫に置く。
■下駄箱に置く。
■玄関に置く。
■居間に置く。
■車内に置く。
■枕元に置く。
等で消臭できます。

茶葉(緑茶など)入りお風呂に入る。

「メリット」
■ストッキングに茶殻を入れる。
■体臭がお茶の香りになる。
■緑茶や烏龍茶には抗菌消毒作用&消臭能力のあるカテキンが含まれるので体臭が抑えられるとも言われます。

【重層で消臭】

くさい酸性物質をアルカリ性の重曹が中和して消臭しているようです。

「重層メリット」

■価格が安い。(1kg=約300円)
■皿の上にそまま置くだけで消臭可能。
■重曹を水に溶かしてスプレーにいれてシュット掛ける。

カーペットや畳に重曹をばらまいて放置する。

頃合いを見はからって重曹を掃除しましょう。臭いやヨゴレが取れます。

「重層(じゅうそう)を置く場所」

■生ゴミに掛ける。
■トイレに置く。
■冷蔵庫に置く。
■下駄箱に置く。
■玄関に置く。
■靴の中に置く。
■居間に置く。
■車内に置く。
■枕元に置く。
等で消臭できます。

1 2