1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

55chamaruさん

ダイエット成功のためには血糖値コントロールが大切

血糖値が急上昇すると太ります。
なぜなら血糖値が上昇するとそれを下げるためにインスリンが分泌されるのですが、その際に大量にインスリンが分泌されてしまうと、使い切れなかったインスリンが脂肪となって身体に蓄積され、太ってしまうのです。

血糖値が急上昇してしまう習慣は?

・食べ過ぎ
・早食い
・食事回数が少ない(一日一食でドカ食いをしてしまうなど)
・炭水化物、甘いものなどの糖質のとりすぎ
・食物繊維の不足

以上の習慣を改めるだけでもかなり効果はあります。

血糖値を下げるには食後の運動が効果的

血糖値を下げるためには、ウォーキング、軽いジョギング、サイクリングなどの有酸素運動が効果的です。

有酸素運動により、大量のエネルギーを消費することができます。
エネルギーのもとは血液中のブドウ糖なのですが、これを消費することによって血糖値の上昇が防げます。さらにインスリンの働きがよくなります。

食後に血糖値が高くなる人は、毎食後に15分のウォーキングを行えば、血糖値を下げることができる。1日の中でまとまった時間をつくり集中的に運動するよりも、毎食後に運動した方が効果的であることが確かめられた。

尚、15分では運動負荷がすくないため、減量を目的にしている場合にはもう少し時間を延ばすと効果的とのこと。

ただ高齢者や激しい運動ができない妊婦の方の体重管理には向いているのではないでしょうか。

運動をするのは食後がおすすめ!

血糖値を下げるには、食後のタイミングで有酸素運動をするのが効果的です。
なぜなら食後は血糖値が急上昇してしまうのですが、運動によって血糖値を下げることができるからです。

食後すぐはNG、目安は食後30分~1時間後に

食後の運動は効果が高いですが、食後すぐに運動してしまうと、消化不良を起こしてしまいます。
また心筋梗塞のリスクも高めてしまうため、運動は食休みをきちんととり、30分~1時間後に行うようにしましょう。

1