1. まとめトップ

スマホ片手にyoutuberになろう!スマホでできる写真・動画編集入門

ヒカキンやラファエルやヘキトラハウスなど、普段自分がyoutubeを見ている時に活躍するYoutuberを見ていると、自分でもやって見たくなりますよね。手元のスマホを使って身近なテーマで動画を何本か作って見たい!というあなたのために、簡単な方法や便利なアプリを紹介します。

更新日: 2017年09月14日

1 お気に入り 268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

vr3dspaceさん

10年前プロが使っていた機能に匹敵するあなたのiphone

ヒカキンやラファエルなど有名youtuberを見ていると、自分でもYoutube動画を作って見たくなりますよね。ちょっと商品レビューや食レポやって見たい!という時に、手元のスマホで動画が気軽に取れる時代になりました。

インスタやFBで動画を投稿しておきましょう。

まずは素材となる動画や写真を用意します。写真でもBGMとテロップをつければ、立派な動画素材になりますよね。一度に全部用意できない人は、インスタやFBでアップしておくのも一つの工夫です。特にインスタは簡単な写真加工もできるので、隙間の時間でも作業ができます。

スローで動画を撮影するとこんなにかっこいい!食レポにどう?

スローで撮影すると、水の動きがなんだかアートに見えます。こういう機能、お手元のiphoneでできるんです。

タイムラプス動画で旅レポしちゃいますか!

この動画がタイムラプスという早回しで見える機能を使っています。
後ほど文字を動画にかぶせるやり方をご紹介しますが、こんな動画をスマホ一台で作れるってすごいですよね。

無料で使えるAdobeの動画編集ソフト「premie clip」

プロのデザイナーなども業務内で使用する写真や動画、音源などのコンテンツ作成に欠かせないツールを配信している、Adobeから提供されている無料動画編集アプリです。
動画の並び替えやカット、BGM、色彩調整、再生速度の調整、共有などの動画編集アプリとして基本的な機能が搭載されています。

シンプルな動画であれば、これ一つで動画が作れちゃう!

3分動画から始めましょう!

1時間の撮影で20GBくらいの容量を使います!
YouTubeにアップする動画はだいたい1分から3分で良いです。
なぜならながいと見る方が飽きてしまい集中して見れないかなです。

なので1つの動画は長くなくても良いのですが、
容量と取れる動画の時間ぐらいは目安として覚えておきましょう。

ちなみに、1時間の撮影で20GBくらい使います。
3分で1GBを使うと考えておきましょう。

確かに長いと作るのも、見るのも大変w

まとめ・・・初めからすごいのはできないけれど、、、やっていけばどんどん慣れてきます!

まずは1分から3分の動画を何本か作って動画の編集に慣れていきましょう。
自分の動画でテーマがきちんとしているものは面白いし、伝えたいストーリーがぼんやりしているものは、つまらないなど、何本か作って見て見ると、冷静に分析できるようになります。

1