1. まとめトップ
0 お気に入り 1267 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

japanese001さん

凱旋門

日本の凱旋門は、各種祝賀行事の際に建てられていた「緑門(りょくもん)」が起源である。緑門とは、門の前面をスギの若葉で飾り付けられた簡素な門のことであるが、日清戦争の終結時に日比谷や三越百貨店の前などに大型の凱旋門が作られたことをきっかけにして、一気に大型化の方向に進んだ。

日露戦争の終結時には最高潮を迎え、日本各地に凱旋門を意識した大型の門が無数に建設された。こうした動きは、建設ラッシュとも呼べる異様な盛り上がりを見せた。仮設ではあるものの浅草の雷門ですら凱旋門化したという。京橋に作られた凱旋門は高さが18mに達したと伝えられている。

日本の凱旋門の出自が緑門であることから、市街地に作られた凱旋門の多くは一定期間後に取り壊される運命にあった。例えば、雷門の凱旋門も建築1年後に取り壊されている。だが、地方では、そのまま保存された門もあり、2006年現在、静岡県浜松市や鹿児島県姶良市などに、数基の凱旋門が現存している。

凱旋記念櫻田来歓門

靖国神社記念祭凱旋門

名古屋広小路凱旋門

熊本駅前の熊本・宮崎・鹿児島・大分凱旋門

熊本駅前の熊本・宮崎・鹿児島・大分凱旋門

門司港石炭沖仲仕組「石政組」凱旋門

1 2 3