1. まとめトップ

子供に離婚を説明する時どう言えばいい?

子供に離婚についてどう伝えるかネットの様々な意見・経験談をまとめました。

更新日: 2017年09月17日

kamj0さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 966 view
お気に入り追加

仲が悪くなった

幼稚園年中の時の離婚で、その時は「ママとパパいっぱい喧嘩しちゃうからバラバラに住むことになった」と説明しました。

「お父さんとお母さんは、好きだったから結婚してあなたが生まれたのね。でも、たくさん相談してきたんだけど、2人の意見が合わなくなって、喧嘩が多くなったのね。それで一緒に住めなくなったの」

母は『お父さんと仲直りできないくらい喧嘩しちゃった』と説明してくれました。

仕事が忙しい

父親に会いたいという子供達に対して「パパは今仕事が忙しいらしいから仕事が落ち着いてから会いに行こう」それだけ言い続けました。

小さいうちは「お仕事で遠くに住む」でもいいかと思いますよ。ある程度理解できる年頃になってからでもよいのでは?

子供が小さい内は「仕事の関係から、一緒に暮らすことができなかった」程度ではどうでしょうか?真実を知ったとしてもショックを受け止められる年齢になれば、真実を話すべきだと思います。

離婚しても父/母であることは変わりない

父親はちゃんと私達の目をみて「お父さんはお母さんと別れる、離れ離れになる、でもお前たちのお父さんであることに変わりはないから」と説明してくれました。

パパとママは一緒に暮らせなくなったの。ごめんね。でも、一緒に暮らしてなくても、あなたたちのパパだし、○○と○○のことパパもママも大好きだからね。って説明しました。

離婚の原因は「夫婦の間の考え方の違い」とオブラートに包みます。「でも父も変わらず子供たちを愛している」と伝え、会う機会を作れるようにします。

事実を話す

貴方の意見ではなく、ありのままの事実だけを子供に説明する事です。相手を非難するようなのは良くないです。感情的にならないで事実だけ説明してください。

”年齢的に理解できるのか”という考えもあるかもしれませんが、理解できるように噛み砕いてでも話した方が良いかと。子供と真剣に向き合って下さい。

なるべく包み隠さずに事情をすべて説明し、息子の意見を聞きました。自分の意見や偏見を加えないこと、相手を批判しないことを気をつけました。

成長するのを待つ

その時がきたらきちんと向き合って話す。それで良いかと思います。近い将来、自分のルーツや親に愛されているかなど、そういう事を知りたくなる時が必ずくるはずです。

何も言わずそっとしておいてあげたほうがいいと思います。子供が成長して時期が来たら、きっと子供の方から聞いて来るかもしれません。

もっと大きくなって、冷静に聞けるようになってからでも遅くないと思います。子供に愛情を注いであげれば問題ないです。

1





kamj0さん