1. まとめトップ

家事全般が苦手だけではない!ダメ妻にありがちな特徴とは?

いくら料理や家事が苦手でも、夫が幸せならダメ妻ではありませんが、玄関や家が臭いと他の人からダメ妻に見られる特徴もありますので注意を!やはり容姿に変化や夫に対して上から目線、世間との認識のズレはダメ妻扱いされる要素であり、そうなると夫の立場、子供の立場もありません…

更新日: 2017年09月17日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2150 view
お気に入り追加

■ダメ妻の特徴

家事全般ができないなどもありますが、自立せず親のいいなりなのもダメ妻と見られます。

・束縛が厳しい

付き合っている時も束縛癖があったかもしれません。
でも結婚してしまえば自分の物になるので一見束縛も収まりそうなものですが、そうはいきません。
自分の旦那になったからこそ、より自分の物だという事を周りにアピールしたがります。
ことあるごとに、自分が嫁だという事を見せつけ、飲み会の時には車で迎えに行き、わざわざ降りて挨拶をしたりします。

・育児をしない

最近では育児は母親だけがするのではなく、父親も積極的に育児に協力しようという姿勢が目立ってきました。
会社の育児休暇も女性だけではなくて、男性も取れるようになりました。
もちろん女性は出産の痛みに耐えて子供を産むのですから、その後の育児に関して協力しない訳にはいきません。
ですが、それを良い事に全く育児をしない例もあります。
○○が泣いてるよ、とだけ言い放ち、泣く子供を放置したり、オムツを変える事を拒否したり。
そうなると母親としてのあるべき姿を失いつつあります。

・大人として自立していない

困ったらすぐ実家に頼る。大事なことは親に決めてもらう。夫と協力し合う前に実家に助を求めてしまうのはダメ妻と言えます。

「ママ友がこうしてるから」「近所の○○さんがマイホームを買ったから」「知り合いの子どもがお受験するから」などと、他者の基準でものごとを判断するのもダメ妻かも。人生に関わることは、自分の頭で考えて決断するのが自立した大人です。

・ダメ男好き

ダメ男好きな女性は、ダメンズメーカーの素養も持っています。一緒にいることで、夫がダメ男になっていくのなら、それはダメ妻だから!?

ダメンズメーカータイプの妻は、一見「いい妻」に見えます。妻はいい妻なのに、なぜか夫はダメ男。

それは、「夫がダメでないと、献身的ないい妻を演じることができない」という妻の無意識的な意識からきているのかもしれません。ダメンズメーカー妻にはダメ夫が必要なのです。

・経済観念に疑問があり!

結婚生活とお金は切り離せません。お金とうまくつきあえて初めて一人前の自立した大人といえます。一人で暮らして一人で経済的に破綻するのは自己責任です。しかし、夫婦となると片方の破たんは確実に相手にも影響がいきます。

夫婦ともに家計の管理が苦手なら…。プロの手を借りるなりして、これから二人で勉強していきましょう。金の切れ目が縁の切れ目。夫婦の未来をお金がにぎっています。

・容姿の劣化が激しい

加齢によって自然と容姿が変化するのは誰しも避けられないもの。夫だって妻に対し「いつまでも結婚前のようなピチピチ乙女でいてほしい」なんて無理難題を要求しているわけではありません。

夫が幻滅するのは、“加齢”ではなく、“妻の怠惰”による容姿の劣化です。たとえば、動物園のトドのように変わり果てた体型。「楽だから」と言って、いつも家ではジャージ姿。何年も履き古した下着のゴムは緩みっぱなし。ムダ毛を処理する習慣もなくなり、あまつさえ最近ではアゴのヒゲまで放置……。

・夫にダメ出しばかりする

いつも夫の欠点を見つけては口うるさい母親のように文句ばかり言う。たとえ、夫にとって有益なアドバイスのつもりでも、ダメ出しが過ぎると夫は家庭で心の休まる暇がありません。

・夫を見下すような態度をとる

女性がどんどん強くなるなか、ヘタレ男が増殖中ですが、妻が夫を見下すような態度をとると、夫婦仲は険悪になる一方です。

なんといっても男はプライドの生き物。たとえば、妻が夫のコンプレックスを笑い飛ばしたり、人前で夫をからかったりすればするほど、夫のプライドは傷つき、妻以外に自分の自尊心を満たしてくれる女性を求めるようになります。

・喧嘩をするとすぐに実家

ことあるごとに実家に帰ります。
家にいて、時間が解決してくれる事もあるはずなのに、自分が実家に帰る事によって、旦那を悪者扱いする事が出来るからです。
嫁に来てもらっている立場上、男性側は泣き寝入りするしかありません。
嫁が実家にいる間、家事は自分でしなければなりませんし、子供がいた場合に、子供まで家に置いて行かれては二倍の疲労がかかります。
また、その状態を子供に見せる事も良くないですよね。
追いかけて欲しいと思っているので自分では家に帰らないので、これもまた困ってしまいます。

・浪費

嫁が家で家事をするかわりに、旦那は仕事をしてお金を稼いできます。
独身の時は全てのお金を自分の思うがままに使えていたのに、結婚するとお小遣い制になるのが一般的です。
旦那に渡すお小遣いよりも多く自分の趣味にお金を浪費されたら誰だってムカつきます。
自分が働いたわけでもないのに、躊躇いなく使われてしまうと、自分が稼いできたお金は一体なんだったのかとさえ思えてしまいます。
そういう嫁に限って、お小遣い以上のお金を旦那が要求すると、給料が少ないと文句を言ってきます。

・身だしなみに無頓着

若い頃は身だしなみに気を遣っていても、だんだんとお洒落をしなくなります。
化粧をするのも面倒くさい時だってあります。
ですがそれは時と場合を考える事が前提です。
いつも髪型をボサボサデ、パジャマのまま外をうろついていたのでは、あそこの奥さんは一体なんなんだとご近所で噂になってしまいます。
みんな見ていないようで、見られているのです。
どこで誰が見ているかわからない以上、身だしなみに気を遣ってもらわなければなりません。

■こんな玄関は『ダメ妻』認定!その特徴ワースト3

ある調査によると、ママ友の家を訪ねたときに「この人ってダメ妻かも…」と感じてしまう玄関の特徴の第1位は『ニオイ』だそうです。

1 2





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど