1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

呪いにトレード話まで…阪神・藤浪の大不調に様々な声が上がっている

阪神・藤浪の大不調に様々な声が上がっている現状についてのまとめです。

更新日: 2017年09月16日

asuho_manさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 71692 view
お気に入り追加

今季不調の阪神・藤浪晋太郎

阪神藤浪晋太郎投手(23)が、またも勝てなかった。巨人20回戦(甲子園)で2回までに5点の援護を受けながら、3回1/3で4安打4失点降板。

入団から3年連続で二桁勝利を挙げてきたが…

今季は3度の二軍落ちを経験し、5月4日のヤクルト戦を最後に勝ち星から遠ざかっている。

ネットでも話題に

藤浪が不調。そっくりな角くんも気が気でないらしい。

去年の鳥谷みたいに一時の不調やったら 良いんやけどな藤浪 まあそうじゃなさそうやけど…

気になるのは藤浪やわ.. 不調とかそういう問題じゃないような気がする 大丈夫かな..

やっぱりというか何というか、今年もジョーシンのCMに出た選手はダメでした 藤浪:制球難、3度目の二軍降格 岩貞:不調、二軍降格中 上本:調子は悪くないがレギュラー定着せず

藤浪の不調って一種のイップスみたいなもんなんかねぇ

濱田は育成、藤浪は絶不調、そんな中大谷はメジャーを見据えてる、、、 3人とは同い年だからみんなそれぞれに活躍してほしい

そんな中、プロ野球OBから様々な声が上がっている

江夏氏も指摘していた「阪神病」

「大阪桐蔭高で春夏甲子園を連覇した藤浪は理論家でプライドが高い。入団した時からコーチや目上の人の話を聞かなかった。江夏(豊=阪神OB)さんにもそれを指摘されたことがある。

そんな藤浪は、1年目から3年連続2ケタ勝ったことで、将来のエースと持ち上げられ典型的な阪神病になった。

藤浪は阪神の高卒選手の義務規定である5年間の入寮生活を待たず「特例」となる4年目オフに退寮。実績を考慮して大人扱いされた格好だが、OBたちにはそれも「失敗」とみられているわけだ。

和田監督時代は言動をとがめる人もいなかったが、金本監督になってチームは一変。服装や挨拶もうるさくなった。藤浪は、結果さえ出していれば今まで通りでいいと思っていたのだろう。

でも、昨年は7勝に終わったのに態度を改めなかった。コーチの助言を素直に聞かないので、上半身と下半身のバランスが崩れ、右肩が下がるフォームも修正できないのです」

黒田博樹氏が原因との指摘も

何をやっても復調の兆しが見えない藤浪にはチーム内からこんな声まで出だしている。「藤浪がおかしくなったのも黒田のせいだ。黒田があの時、藤浪を脅かさなかったら、その後の状況も変わっていたと思う。

2015年4月25日の広島戦(マツダ)2回一死一塁。打者はメジャー帰りの投手・黒田。ここで先発の藤浪はバントの構えをする黒田に2球続けてきわどい内角球を投じた。

これに黒田が怒り、マウンドに詰め寄った。藤浪は帽子を取って謝罪したが、両軍がグラウンドに集まる騒ぎに発展した。

1 2





asuho_manさん

漫画、政治経済問題、スポーツなど幅広くまとめていきたいと思います。分かりにくく複雑な事をシンプルにまとめたいと思います。