1. まとめトップ

胸やけ・呑酸を治したい!逆流性食道炎になった時の対処法

日常生活に支障が出る胸やけ・呑酸を治したい!逆流性食道炎になった時の対処法をまとめます。

更新日: 2017年11月15日

torinaviさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 157 view
お気に入り追加

逆流性食道炎って何?

酸性度の強い塩酸(胃酸とも呼ばれています)を含む、胃の内容物が食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起きた状態を、「逆流性食道炎」といいます。
食道には、胃酸に対する防御機能がないため、酸に繰り返しさらされることで炎症を起こし、粘膜のただれや潰瘍が生じたり、胸やけや呑酸などの不快な症状の原因となります。

逆流性食道炎の原因

1.胃酸の増加。
2.食道を締めて胃の内容物が食道に逆流しないように働いている筋肉(下部括約筋[かつやくきん])が様々な原因で機能低下する。
3.食道の運動機能が落ちて、逆流したものを胃に戻せなくなる。

胃液が少なくなれば、胃潰瘍になりやすくなり、そして逆流する胃液も少ないので、逆流性食道炎になりにくくなります。

逆流性食道炎になった時の対処法

胃酸分泌を抑える薬を服用します。肥満が原因の場合は体重を減らすことも大切です。
油ものやすっぱいもの、甘いものは症状を悪化させるので避けましょう。また、食後2時間くらいは上半身を起こして横にならないようにします。

逆流性食道炎がわかる動画

逆流性食道炎リンク

1





はじめまして。ネットで生計を立てているゆうです。お得な情報を紹介します。