1. まとめトップ

▼ボランティア新制服は市松模様 東京都「ダサい」批判で見直し

東京都観光ボランティアの新ユニフォームが発表された。

現在はデザイナー藤江珠希が手掛けたユニフォームが使用されているが、コシノヒロコらが参加する「東京ブランドのあり方検討会」で再考することが決まり、今回プロポーザル方式で選定した新ユニフォームを都の定例会見で披露。

10月上旬から順次、新ユニフォームに切り替えていく。

新ユニフォームは各3,000枚が配布される予定だが、旧ユニフォームも引き続き活用していく方針だという。

▼小池百合子都知事自らがモデルとなりお披露目となった

製作費は約8000万円 背中には都の観光情報サイトに接続できるQRコードをあしらう

新ユニホームはポロシャツとブルゾン、防寒コートなどで構成。

市松模様を白や黒、水色でデザインし、背中には都の観光情報サイトに接続できるQRコードをあしらった。製作費は約8000万円。

▼ネット民の反応・・・・前よりはマシだ

ロゴの市松と合わせたんだろうけど……
まあ、朝鮮ユニフォームよりはマシって程度

前よりマシだが
別にオシャレ感出す必要ねーのに
普通の無地のポロシャツとかでええよ

ダサいってよりも、作業着的な意味での機能性だけって感じだね。着たいとかそう言う目的は廃除してるね。

派手好きな自分にはこれでちょうどいいよ
地味なポロシャツにしても一般人なのかスタッフなのか判別つかないし帽子はちょっとアレだからキャップにしたほうがカッコいいと思うけど

▼舛添都知事時代に決定したボランティアの制服はとにかく評判が悪かった

1 2 3





道楽生活さん

ロトで高額当選して海外逃亡して『日本人やめました』という本を書き上げたいです。地球を3周してone!と叫びたいです。1周目はスターアライアンスで1周。2周目はoneワールドで1周。3周目はスカイチーム