1. まとめトップ

大量殺戮兵器『B-29』の特徴とは?アメリカ陸軍航空軍司令官ヘンリー・アーノルドの大虐殺

大量殺戮兵器『B-29』の特徴をまとめました。東京大虐殺に300機が飛来して、1夜にして10万人の市民が焼き殺されました。B-29の責任者であったアメリカ陸軍航空軍司令官ヘンリー・アーノルドは、日本人の民間人を30万人虐殺しました。

更新日: 2018年08月21日

0 お気に入り 2502 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

8万人以上の一般市民が焼死、100万人以上被災の東京大空襲や、1万人が焼死の大阪大空襲は、B-29の重要な「戦果」とされる。

◆アメリカだから開発できたB-29

1回の飛行で燃料を大量消費するB-29のような機体は、燃料に乏しいドイツ、日本などに開発する事は不可能でした。開発できたとしても、運用できませんでした。

B-29は膨大な燃料が必要で、成都への燃料輸送の労力もまた膨大で効率的ではなかった。

◆東京大虐殺の主犯 ヘンリー・アーノルド

日本人の民間人の大量虐殺に加担しましたが、裁かれていません。東京大虐殺で10万人を一晩で焼き殺しました。

一晩で10万人もの人が焼き殺されました。

東京大虐殺では、100万人の人が家を失いました。

◆大量生産されたB-29

B-29はその大きさにも関わらず、大量に生産された。その理由の一つとして生産効率性の良さがある。 生産する工程を分割し、各工程ごとにしっかりしたマニュアルを作ることで、女性でも簡単に同品質で大量に生産することが可能となっていた。pic.twitter.com/OQOPXCxtAd

◆B-29と戦えなかった日本の航空機

日本の単発戦闘機は性能面で高高度飛行が苦手で、また大戦後期には材料や工員の質が低下し、高オクタン価航空燃料や高品質潤滑油も不足、排気タービン・インタークーラー装備のB-29の迎撃は困難

尾部銃座② 尾部銃座では他の銃座と同様に、照準器内に敵機を捉え、距離の変化を入力するだけで自動で見越し射撃するシステムを搭載していた。それに加え、敵機との相対速度が小さいため狙いやすく、1番戦果が上がる場所でもあった。pic.twitter.com/M42pkwYF1Z

◆B-29の与圧システム

高高度を飛行する航空機や、宇宙空間にある宇宙船や宇宙ステーションのように、機体外の大気が希薄あるいはゼロの空間では、機内の酸素分圧を人間が生存できるレベルに保つ必要がある。

ボーイングは第二次大戦直前の1938年に登場した旅客機のボーイング307ですでに与圧客室を採用、他にもロッキード社のコンステレーションなどでも与圧室は採用されている。

◆関連リンク

1