1. まとめトップ

ほぼポンジスキーム??日本で流行ったハイプ(HYIP)まとめ(D9クラブ、セナー、etc...)

2016年末から2017年にかけてたくさんの人を陥れたハイプ、、ここでこれまでのハイプについてまとめてみます。

更新日: 2017年09月18日

0 お気に入り 6802 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

works21sさん

そもそもハイプ(HYIP)とは?

High Yield Investment Program の頭文字を取ったもので

日本語に直すと、高収益投資プログラムといわれています。

要するに、超高利回りな投資案件ということです。

ハイプの基準って?

ハイプの基準は特にありませんが、大まかには日利0.5%~1%以上、月利15%~30%以上がハイプと呼ばれるものかと思われます。

ちなみに、日本の銀行預金の金利は1年で0.01%

2010年4月19日時点で、全国の銀行の普通預金の金利は0.02~0.09%(平均0.038%)、同じく全国の銀行の300万円未満(1年もの)の定期預金の金利0.06~0.42%(平均0.083%)です。ちなみに、0.06%は大手都市銀行が横並びで、0.42%はイーバンク(現:楽天銀行)です。

銀行預金の金利は、店舗を構えないぶん、ネットバンクがたいてい高く、イーバンクはその好例です。ただ、イーバンクは5月4日から楽天銀行に名称変更し、それを機に手数料体系や使い勝手が変わるようです。銀行預金を利用するときは、金利だけでなく使い勝手などの周辺情報も、出来れば押さえておきたいものです。なお、イーバンクに次いで同種の定期預金の金利が高いのは、オリックス銀行の0.40%、住信SBIネット銀行の0.37%です。

上記はかなり利率がいい方で、メガバンクやゆうちょ銀行などは全て金利は0.01%。。。
いかにハイプが高利回りなのかがよくわかります。

次々に現れたハイプたち

①D9 クラブ(club)

ハイプの代表格といえばD9クラブでしょう。
ブラジルにあるブックメーカーに投資している投資会社とされており、利回りは月利約30%。
MLMの仕組みを採用しており、紹介報酬が大きい。
13年の実績があるとされていたが、2017年4月より出金が滞っている。

D9クラブの会長はデニーロ・サンタナ。
日本のトップリーダーはカルロス藤山。
4月から着金しておらず、デニーロは様々な言い訳をしている様子。
「日本だけ着金していない」
「被害者の会が設立される」
「韓国や中国のアカウントで出金できる」
「謎のカウントダウン」
そして
「新生D9が稼働している??」
「来年3月には返金される??」

など、現在も混沌としている。

4月には日本でもコンベンションが盛大に開かれた

ゲストには元シブガキ隊のふっくんこと布川敏和さんをお招きして開かれ、バブリーな感じです。

お台場のヒルトンホテルの会場で盛大に開かれ、1200人以上が集まったようです。
グッズ販売まであり、超イケイケです、、、

4月から着金していない

コンベンション開催と同時に着金が滞り、それ以後は一切着金していない様子。

弁護団が立ち上がっている

現在,当職らに対し,「D9Club」に「投資」した(本件は,真っ当な「投資」とは到底言えないが,便宜上,そう呼ぶ。)方から被害回復等の手続をとることに関する問い合わせが多数寄せられており,当職らは,弁護団を組成して集団的に損害賠償請求等の被害回復手続を受任して追行することとしたので,本事案に対する考え方の概要,受任する範囲等について説明する(なお,考え方は現時点の暫定的なものである。)。また,「sener」の被害に関する相談も数多く寄せられており,これについても,別途,弁護団を組成して被害回復手続きを受任して追行することとした。

かなり本格的に始動しているのでしょうか。
具体的な日本人の名前まで出ています。

②ライトライズ

イギリス政府と契約し、出資金を使って速度違反取締装置(多分
オービスみたいなやつ)を設置

違反金を出資者に分配するというスキーム。
(だったらしい。)

日利1〜3%
毎日変動します。

日利1%から3%の間で毎日変動する仕組み。
何を根拠に数字が変わるのかは謎。
とりあえず、月利にすると30%〜90%の間になるということ。

HYIPの一つで、日本人に大人気だったライトライズ(rightrise)が、

破綻した(飛んだ)との情報が入りました。

2017年3月頃にライトライズは消え去ったようです。

③セナー

インデックス投資で運用し、その利益を投資家に分配しているというセナー
月利は他のハイプに比べて低いものの、それでも3%~20%。

どのみち高配当に変わりありません。

セナーはセミナーを行う際は「セナーの社員」と称する人間がセミナーを行なっていた。
5月頃から着金していない。

④アジアビッツ(Asiabits)

投資最低額は0.02btc~20btcまでが可能です。

BITREGIONはワンアカウント30btcまでとなっており、投資額に制限があるタイプは長生きする特徴の一つでもあります。



一回の満期は17日で、ここがアジアビッツ最大の特徴として

何とPH(寄付)して約2時間後に15日分の配当の

17.25%がすぐに配当として入ってくる事です!



そして17日が経つと元本が引き出せるようになる、というわけですね。



また、PHを行う時はビットリージョンと同じ用にトークンが必要になります。

しかしトークンは安く、一つ0.023btcです。

ビットリージョンと違ってGHは無料なのでここもお得な所ですね。


トークンの金額は2BTC毎に数が必要になってきます。

日利とか月利とかだと計算しにくいタイプのようです。

出典ameblo.jp

どうやらサイバー攻撃に遭った際に、デポジットしていたビットコインがリセットされゼロになったようです。
つまり、ビットコインはまるまる消失、、、

1 2 3