1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

騒動後初TV出演で涙の謝罪‥豊田真由子議員にネットから様々な声

自民党を離党した豊田真由子衆院議員が17日放送の情報番組「Mr.サンデー」にVTR出演し、涙ぐみながら騒動を謝罪しました。

更新日: 2017年09月18日

6 お気に入り 110180 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●元秘書への暴言や暴行が問題となった豊田真由子衆院議員

秘書に対する暴言や暴行が明らかになり、自民党を離党した豊田真由子衆院議員=埼玉4区=

1974年生まれで、米ハーバード大院を修了。厚生労働省課長補佐などを経て、自民党の候補者公募に応じ、12年の衆院選で初当選

●これまでの騒動の経緯

「秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加える、前代未聞の振る舞いをしていた」との記事を掲載

・さらに“ミュージカル調”の新たな音声も公開されていた

また、秘書へ「新しいタイプのおバカさんたち」と笑いながらつぶやく言葉や、これまで話題となったミュージカル調、

赤ちゃん言葉に続き「一生懸命やってますぅ~」というぶりっこ調での言葉も新たに公開されていた。

・豊田氏は報道を受け、6月22日夕方に離党届を提出

22日、自身の政策秘書(当時)に暴行を加えたことの責任を取り、事務所を通じて離党届を同党に提出

下村博文幹事長代行は同日、安倍晋三首相と首相官邸で会い、豊田氏の離党届提出について報告。首相は「やむを得ない」と述べた。

・一方、元秘書が「パワハラ疑惑」をめぐり、県警に被害届を提出

豊田氏の「パワハラ疑惑」をめぐっては、元秘書の男性が先月6日、埼玉県警に被害届を提出。

・少し前には、豊田議員が県警から事情聴取を受けていたことも判明

豊田氏は、傷害の疑いも視野に捜査を行っていた埼玉県警から、事情聴取を受けていたことも既に判明

1 2 3