1. まとめトップ

え、これ原付?面白い&おすすめ原付まとめ(ヤマハ・MT車編)

MT車=マニュアル車の略です。クラッチや変則を自分で操って走るバイクのことです!原付はスクーターだけだと思っていませんか??原付免許でバイクを楽しむことだって十分に可能なんです!今回は世界に羽ばたくバイクメーカー、ホンダが創ってきた魅力いっぱいのMT原付たちをご紹介!!!

更新日: 2017年09月18日

1 お気に入り 4452 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

works21sさん

ヤマハ・RZ50

RZといえばRZ250など、大人気だった2ストロークエンジンを搭載したシリーズです。
そのRZを原付免許でも楽しむことができます。

ハンドルを低くセットするなど、こういったカスタマイズもとてもかっこいいいです。

ヤマハ・YB-1

ビジネスバイク、YB50をベースにレトロモダンなスポーツバイクへと仕上げたのがこのYB-1だ。SRとも通じるタンクグラフィックや、サイドに鋲を打ったシート、そして、クロームの前後フェンダーや、ヘッドライトケースなど、往年のオートバイファンションでまとっている。搭載される空冷2サイクル単気筒エンジンと、クラッチ付4段ロータリーシフトのミッションの組み合わせで75㎏のバイクは軽快な走りを見せてくれる。

YB-1がまさかの変貌を遂げています。
かっこよすぎます。

原付はカスタムしやすさも嬉しいポイント。

ヤマハ・YB-1 Four

人気だったYB-1に4ストロークエンジンを載せて販売されたYB-1 Four。

ヤマハ「YB-1 FOUR」は、'96年の発売以降50ccスポーツの定番として人気の「YB-1」の外観をそのまま継承し、新たに4ストロークエンジンを採用して "奇麗でお洒落なスポーツ"をテーマに製品化したモデルです。「YB-1」からの変更点は、4ストロークエンジンの搭載(従来は2ストローク)、操作性に優れた前後130㎜大径ブレーキの採用(従来は110㎜)、35Wヘッドライト(従来は30W)などです。また、二輪車排出ガス規制適合化を図っています。

環境性能は大幅アップ!

ヤマハ・メイト

ぱっと見、ホンダが世界に誇るバイク「スーパーカブ」に見えますが、こちらはヤマハのメイトというバイクです。
こちらは基本的に2ストロークエンジンを搭載していました。
(スーパーカブは4ストロークエンジン)

一貫して2ストロークエンジンモデルの「Uメイト」「Vメイト」がシリーズの中心で、1982年以降は4ストロークモデルの「タウンメイト(Tメイト)」も併売されたが、1998年以降は50ccモデルが2ストロークのV50シリーズ、90ccモデルが4ストロークのT90シリーズのみとなった。さらにビジネス用マニュアルトランスミッション車の需要減少や排出ガス規制強化を受けて2008年9月、メイトシリーズ全車種で生産が終了した。

カブに比べるとマイナーですが、それでも40年以上に渡りメイトシリーズは販売されていました。

ヤマハ・YSR50

当時のトップカテゴリーレースに参戦していたファクトリーレーサーYZR500をデフォルメ・縮小したスタイルで、レースファンの遊び心をくすぐった50ccスポーツモデル。7馬力を発揮する2ストローク単気筒エンジン、リターン式5段変速機、フロントディスクブレーキなどの本格的なスポーツ走行も可能にするスペックを備え、当時人気を集めていたミニバイクレースの定番モデルとなった。

遊び心満載の元気一杯の原付バイク

スズキのGAG(ギャグ)と同じ1986年に登場。GAGがGSX-Rの縮小版なら、YSR50/YSR80はTZR250(1KT)をそのまま小さくしたミニレプリカといった感じで、カラーリングもTZR250とそっくりのバリエーションを揃えた。エンジンはRZ50やDT50の水冷ではなく、RX50系の空冷エンジンを搭載し、5速ミッションを組み合わせた。足回りはセリアーニタイプフロントフォーク、リアのモノクロスサス、前後12インチホイールを採用。YSRシリーズの登場でミニバイクレースに12インチのカテゴリーが誕生するなど、ブームの火付け役となった。

12インチホイールも魅力的です。

ヤマハ・ポッケ

小さいながらも元気な2ストロークエンジンを採用しています。

ポッケは1980年に発売された。ペットネームはポケットに入る様な小ささを指してPocke(ポッケ)とつけられている。なおCMキャラクターとしてシーナ&ザ・ロケッツの鮎川誠が起用された。
本田技研工業の人気モデル、モンキーの対抗車種として開発が行われた車種であり、車体はモンキー同様に車載を意識した折りたたみハンドルを採用し、 6インチチューブタイヤと合わせホイールを装備している。エンジンはミニトレと同系統のものを3馬力にデチューンしていた。兄弟車として8インチタイヤを装備したフォーゲルがある。
ポッケ 当時量産されたオートバイでは最小となる6インチタイヤの採用によりクラス最短の全長1280mm。最軽量の乾燥重量52kg。 ミッションはボトムニュートラルのリターン式4速。 ホイルベースがあまりにも短いため、デチューンされたエンジンではあるが軽々と前輪が浮いてしまう仕様であった。

やはりホンダ・モンキーを意識していますね。

カスタマイズするとカッコ可愛い!!

ヤマハ・フォーゲル

ポッケの兄弟車であり、ちょっと大きいお兄さん的存在のフォーゲル

フォーゲルは1980年に発売された。ペットネームのフォーゲル (VOGEL) は、ドイツ語で鳥を意味する言葉である。
本田技研工業のゴリラの対抗車種として開発が行われた車種で、ハンドルが折り畳め、ガソリンタンクのキャップも漏れ防止のコックが付いていることにより、乗用車等のトランクに搭載可能となっている。 またタンクは10リッターの容量が有る為、無給油での長距離移動が可能となっている。
足回りは前後8インチ、合わせホイールのチューブタイヤを装備し、エンジンは空冷2ストローク単気筒ピストンリードバルブ49ccでGT50やMR50等と同系統のものを使用しており、変速機は4速リターンミッションで一番下がニュートラルのボトムニュートラルシフトとなっている。なお着座位置がほぼ後輪の上となるため、ラフなクラッチワークを行なうと、すぐにウイリーしてしまう。
フォーゲルは1983年まで生産され、販売終了となった。

タンクの容量が大きいのは嬉しいポイント。

ヤマハ・TDR50

1 2