1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

池田エライザと吉沢亮が入れ替り!?押見修造『ぼくは麻理のなか』地上波放送決定

「惡の華」で知られる漫画家・押見修造が男女入れ替わりを描いた作品「ぼくは麻理のなか」。新海誠監督が「現時点での入れ替わりの最新表現」と評価するこの傑作を、今春、池田エライザと吉沢亮でネットドラマ化していたが、10月から地上波放送が決定。ネットでは「気持ち悪い吉沢亮が見られる!」など歓喜の声。

更新日: 2017年10月17日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
26 お気に入り 30663 view
お気に入り追加

◆独特の世界観で多くのファンを惹きつけるマンガ家「押見修造」

押見修造は、思春期のモヤモヤや“こじらせ”を徹底的に描ききる「青春マンガの名手」として、今、注目を浴びている。

2002年にちばてつや賞ヤング部門優秀新人賞を受賞して、2003年、別冊ヤングマガジンに掲載された「スーパーフライ」でデビューを飾った押見修造。

その後は、「アバンギャルド夢子」「漂流ネットカフェ」「悪の華」などコンスタントに作品を発表。独特の世界観に多くの人が惹きつけられている。

純愛やフェチズム、トラウマ、コンプレックスなど心の奥を刺激されるような過激な内容が高い画力と繊細な描写で描かれ、「押見先生の作品は人生で一番好き」「思春期のムラムラした感じが見事に再現されてるからたまらない」と夢中になる人が続出。

◆代表作『惡の華』などたびたび作品が映像化されている

ボードレールを愛する少年、春日高男。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた、大好きな佐伯奈々子の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和に見られていたことが発覚!!盗んだことをバラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは!?

作品は、たびたび映像化されている。

ドラマ『漂流ネットカフェ』(2009)、映画『スイートプールサイド』(2014)

◆そんな押見が「男女入れ替わり」を描いた『ぼくは麻理のなか』

「ぼくは麻理のなか」はある朝目を覚ますと、行きつけのコンビニで度々遭遇し密かに思いを寄せていた女子高生・吉崎麻理になっていた男子大学生・小森功の数奇な運命を描いた物語。

小森功は吉崎麻理として高校生活を送ろうとしますが、クラスメイト柿口依に別人だと見破られてしまいます。麻理はどこに行ってしまったのか?そして、ふたりは元の体に戻ることができるのか?

小森と柿口がこの不可思議な現象の謎を追うサスペンス的な要素もさることながら、性別が入れ替わったことで起こる戸惑いや、思春期の性にまつわる描写のリアルさもまた魅力となっているストーリー。

子どもから大人への通過儀礼としての青春モノの王道「男女入れ替わり」を踏襲しつつも、麻理になった「僕」のムンと臭い立つように生々しい自意識のほとばしりの数々に、早くも著者の最高傑作!との呼び声も高い。

新海誠監督が映画「君の名は。」の企画書で、原作「ぼくは麻理のなか」に触れています!!ぼく麻理を「現時点での入れ替わりの最新表現」と書いていただいています! #新海誠 #君の名は #ぼく麻理 #ぼくは麻理のなか #押見修造 twitter.com/shinkaimakoto/…

◆今春、池田エライザ主演でネットドラマ化された

モデルで女優の池田エライザさんが、押見修造さんのマンガが原作のドラマ「ぼくは麻理のなか」で主演を務める。

吉崎麻理役は池田エライザ、小森功役は吉沢亮が演じる。また麻里のクラスメイト・柿口依役には中村ゆりかがキャスティングされた。このほか西岡健吾、八十田勇一、西田尚美も出演する。

「どこまでも気持ち悪く、汗臭さを感じるほど人間的な小森を、愛をもって最後まで演じたいと思います。」

吉沢亮のコメント

昨年12月から活動を自粛していた川谷絵音率いるバンド indigo la End が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODで6月6日から配信されるドラマ「ぼくは麻理のなか」のオープニングテーマを担当。

◆そしてこのたび地上波放送が決定

フジテレビオンデマンドで配信されたドラマ「ぼくは麻理のなか」が、2017年10月16日(月)から地上波で放送されることが分かった。

10月16日スタート 毎週(月)24時25分放送!

1 2





記憶の中で生きてゆける